阿部寛、最新作『つやのよる』は「無駄な時間を描いている」?

2013.1.28 16:12配信
舞台あいさつの様子

直木賞作家・井上荒野氏の同名小説を映画化した大人のラブストーリー『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』が26日、全国で封切られ、東京・丸の内TOEI1で初日舞台あいさつが行われた。主演の阿部寛を始め、野波麻帆、真木よう子、忽那汐里、永山絢斗、行定勲監督が登壇。本作で愛に翻弄される男を演じた阿部は「この役を通して、役者としての力量を測ることができた。とても大切な作品」と誇らしげに語った。

その他の写真

恋愛に対して奔放な妻“艶(つや)”に翻弄されながら、愛を貫く主人公・松生春二(阿部)をはじめ、かつて夫や恋人が艶と関係をもった女性たちがそれぞれの“愛”を追い求める大人のラブストーリー。阿部も「すごく刺激的な作品ですし、何よりも女性の皆さんがセクシー。愛にはこんなにもバリエーションがあるのかと知った」と作品が問いかけるテーマにしびれた様子だ。

それでもトークの話題が、恋愛をしないイマドキ男子の“草食系男子”“絶食系男子”化に及ぶと「特にいいんじゃないですか…。恋愛に振り回される時間って、自分の経験上、すごい無駄だった気もしますし。(恋愛以外の)時間を有効に使えるのもいいと思いますよ」と思わず本音。すかさず行定監督が「この映画は無駄な時間を描いています」と笑いを誘い、阿部も苦笑いだった。

また、昨年12月に結婚と第1子妊娠を発表した野波は、恋愛映画にちなんで「愛を一番おくりたい人と言葉」について、「私事ですけど妊娠しているので、いっぱい愛してあげるから、健康に生まれてきてねと伝えたい」とお腹の子どもにメッセージをおくり、幸せ全開の笑顔。真木と忽那がそれぞれ母親、両親への感謝を述べた一方で、永山は「難しくて、簡単には言えないですね」と照れくさそうな表情を見せた。

『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング