吉川晃司の新曲が『ゴーストライダー2』イメージソングに

2013.1.28 17:38配信
『ゴーストライダー2』のイメージソングを担当する吉川晃司

地獄の炎に包まれたヘルバイクに乗り、悪と闘うダークヒーローの活躍を描く『ゴーストライダー2』のイメージソングが、吉川晃司の新曲『SAMURAI ROCK』(2月13日(水)発売)に決定し、本コラボのいきさつを語る吉川のコメント映像が届いた。

吉川晃司コメント映像

吉川は、1984年のデビュー以来、音楽活動と平行して『レディジョーカー』や『チームバチスタの栄光』など俳優としても活躍しており、近年では『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』で“仮面ライダースカル”を熱演。「僕も以前、仮面ライダースカルを演じたことがあり、ライダーとは深いものがあります」という吉川の新曲は、「ひとりきりでも立ちはだかろうか」や「男はみんなサムライなんだ」など孤独に戦うサムライの姿を歌った歌詞が印象的なナンバーで、悪に果敢に立ち向かい続けるゴーストライダーのイメージとピッタリということからイメージソングに決定した。

吉川自身も「運命を受け入れ、孤独な戦いに身を投じるダークヒーロー、ゴーストライダーと『SAMURAI ROCK』の世界観にはシンクロする部分もあると思います。この世紀末感満載な世の中、日本もアメリカも、こんな時代には悪い奴らをやっつけるヒーローは絶対に必要だと思います」と自身の楽曲と映画のタッグに自信を見せている。イメージソングは、放映中の本作のTVCMでも使用されている。

本作は、マーベル・コミックの人気キャラクターを映画化した『ゴーストライダー』の続編。父親を死から救うため悪魔と契約し、自らの中にゴーストライダーを宿してしまったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)が、悪魔に狙われた少年を助け、自らの呪いを解くために戦う姿を描く。

『ゴーストライダー2』
2月8日(金)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング