205本目となる高倉健主演作『あなたへ』の撮影が終了

2011.11.28 14:32配信
『あなたへ』主演の高倉健

『単騎、千里を走る。』から6年ぶりとなる高倉健の主演作『あなたへ』の撮影が11月20日(日)に福岡県・門司港にてクランクアップを迎え、高倉、佐藤浩市、草なぎ剛が揃って会見を行なった。

その他の写真

映画『あなたへ』は、亡き妻の遺した絵手紙をきっかけにその真意を知るため、妻の故郷・九州へと車で旅に出る倉島英二(高倉)が、行く先々で出会う人たちとの交流を描いたロードムービー。監督は、高倉と『駅・STATION』『夜叉』『あ、うん』『鉄道員〈ぽっぽや〉』などを作り上げてきた盟友・降旗康男。傘寿(80歳)となる高倉にとって通算205本目、降旗監督とは20本目の共作となる。

撮影終了日は、物産展でイカ飯販売員役の佐藤、草なぎがお店に立つ設定の中、20店舗のご当地グルメの屋台が並び、300名を超えるエキストラが集結。物語のエンディングに相応しい大規模なロケとなった。草なぎは「高倉さんの旅に僕も便乗させてもらったような気持ちで、本当にスペシャルで貴重な体験と時間を過ごすことができた」とコメント。高倉とは『南極物語』(1983年公開)以来の共演となる佐藤は「“がんばれよ。これからだぞ”」と高倉から声をかけられたことを話し、「30年やってきて、芝居に対する気持ちが平板になりかけていたときに、その言葉が新鮮で、ありがたかった」と語った。

高倉は「感慨無量です」と繰り返し、「降旗監督も珍しく興奮していたので、それを見てぐっときました。良い旅でした」と、富山から始まり、岐阜、兵庫、福岡、長崎と、総移動距離約9,000kmに及んだロケ撮影を振り返った。

『あなたへ』

(C)2012「あなたへ」製作委員会

いま人気の動画

     

人気記事ランキング