「飛天」

豪華アーティストのステージと、リッチなコース料理――そんな夢のような組み合わせで1年の疲れを癒やしてくれる、年末の風物詩=ディナーショー。

一度足を運んでみたいけれど、チケット代も安くはないし、ちょっとハードルが高いかも……なんて思っている人も多いのでは?

そんな人のために、今回は例年多くのディナーショーを開催している「プリンスホテル」のディナーショーの魅力をご紹介!

名門ホテルが提供する会場や演出、料理へのこだわり、さらに初心者も安心なディナーショーの楽しみ方や、注意点も紹介しましょう。

写真左上より、松田聖子、MUSIC BOX CHRISTMAS SPECIAL NIGHT(DEEP/JAY’ED/KAZUKI(DOBERMAN INFINITY))、Boyz Ⅱ Men、中川翔子、福田こうへい、Chage、NOKKO、真矢ミキ、石井竜也、美川憲一、五木ひろし、郷ひろみ、舘ひろし、T-BOLAN

↓ 2017年のディナーショー・ラインナップ詳細はこちら! ↓

プリンスのディナーショーは“会場入り”から!

ディナーショーの楽しみは、料理やライブ以前に、ワクワク感に満たされた「会場」から始まります。

特にプリンスホテルが提供する会場の魅力は、国内トップクラスの豪華さ。

例えば「グランドプリンスホテル新高輪」で使用されるのは、あの有名な歌謡祭でもおなじみの、大宴会場「飛天(ひてん)」。この会場に一般客が入れるのは稀なこと!

過去開催の模様

クリスマスの演出が施されたエントランスホール「うずしお」、バーカウンターでカクテルグラスを傾けたり、アーティストのグッズを購入したりできるレセプションホール「さくら」と合わせて、特別な一夜への期待感を高めてくれます。アーティストの“いちファン”でなく、まるで関係者になった気分!

また「ザ・プリンス パークタワー東京」では、高さ10メートルの天井からバカラのシャンデリアが輝く会場で、気分も華やかに。

「東京プリンスホテル」では、開業53年の格式はそのままに、今年のリニューアルでフレッシュな魅力も感じさせてくれます。会場ごとに雰囲気が変わるのも、ディナーショーの楽しみのひとつなんです。

アーティストに寄り添う、絶品料理の数々

アーティストのステージとともに、忘れてはいけないのは絶品の料理。

プリンスホテルでは、美食を極めた各ホテルの総料理長が、なんとアーティストごとにメニューを決め、事前に社内スタッフ間でのキッチンテストを経て、提供しているそう。

料理イメージ

目にも美しい前菜から始まり、自慢はとろけるほど柔らかな「牛肉のパイ包み焼き」などの肉料理。大好きな音楽と、料理の“マリアージュ”が楽しめるんです!

また、各アーティストのイメージに合わせた、この日だけの特別カクテルも好評。

例えば、昨年の『郷ひろみディナーショー』では、ウォッカ・コワントロー・クランベリードリンクを合わせた、赤が美しいスイートなカクテルと、ライチシロップ・レモン果汁・カルピスウォーターにミントを浮かべた、純白の爽やかなノンアルコールカクテルが、ショーに華を添えました。紅白の縁起のよさも、アーティストのイメージにピッタリです。

プリンスホテルのディナーショーは、今年も海外の大物も含めて、注目のアーティストが勢揃い! どんなカクテルが味わえるのかも楽しみですね。

↓ 今年は誰が出る? 出演者ラインナップはこちら! ↓

最高の一夜を楽しむため、気になるマナーは?

料理とともに、シャンデリアの色や明るさまで、アーティストのイメージを大切にする――このように、プリンスホテルのディナーショーは“ライブに食事がついてくる”というものではなく、アーティストと真摯に向き合った、まさに一夜限りのイベントになっていることがわかります。

オススメの楽しみ方はやはり、時間に余裕を持って来場し、グランドプリンスホテル新高輪なら「さくら」で少しお酒を楽しむなど、会場でアーティストに思いを馳せつつ、リッチな気分を満喫することだと言えそうです。

過去開催の模様

そこで大切になるのは、ショーを最大限に楽しむためのマナー。

会場の雰囲気に合わせてファッションも少しリッチに、大人の装いで来場することが求められます。着替え用のスペースもあるので、会場でドレスに着替えることもできます。

また、お酒は基本的に飲み放題ですが、酔いつぶれてしまったり、お手洗いに行く回数が増えてしまったりすると、せっかくのショーを楽しむことができません。

アーティストが席をまわる際に、酔って勝手に写真を撮る……なども迷惑行為で、周りのファンにも、アーティスト本人にも不愉快な思いをさせるのでNG。

と、決して特別なマナーはなく、肩肘張る必要はないのですが、大人として振る舞い、アーティストと一緒にそのショーを作り上げる気持ちで楽しむのが、最高のマナーになりそうです。

年の瀬に大きな楽しみができるというのは、今後のライフスタイルを考えても素敵なこと。ぜひ今年はプリンスホテルのディナーショーに参加してみてはいかがでしょう?

プリンスホテル「2017年ディナーショー」ラインナップ

<グランドプリンスホテル新高輪>
松田聖子・MUSIC BOX CHRISTMAS SPECIAL NIGHT(DEEP/JAY’ED/KAZUKI(DOBERMAN INFINITY))・Boyz Ⅱ Men・Chage・石井竜也・郷ひろみ

<ザ・プリンス パークタワー東京>
中川翔子・NOKKO・舘ひろし・T-BOLAN

<東京プリンスホテル>
福田こうへい・真矢ミキ・美川憲一・五木ひろし

はしかわ・よしひろ 1981年、神奈川県生まれ。編集プロダクションblueprint所属のライター、編集者。ビジネス・ネットサービス・グルメ・映画・音楽・コミック・ゲーム・スポーツなど、幅広い分野で取材・執筆を担当。構成を担当した書籍に『まな板の上の鯉、正論を吐く』(堀江貴文/洋泉社)、『伝説になった男~三沢光晴という人~』(徳光正行/幻冬舎)など。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます