付き合っているうちはどんな彼も優しく、彼女に嫌われまいと良いところを見せ、彼女のために頑張るものです。

女性は優しく、自分のことを大切に思ってくれる男性に心惹かれるものですが、優しいだけで結婚はできません。

結婚となれば、優しさだけではなく「家族を守る力」や「経済力」も必要となります。

付き合っていればある程度は分かるものですが、ラブラブで付き合っているうちは、なかなかそれが見えないものです。

今回は、既婚者であるママ達に「結婚して幸せになれる男を見抜くポイント」について聞いてみました。

その内容は「ココが決め手で結婚に踏み切った」というものばかりです。

今回はその中から7つをご紹介します。

結婚して幸せになれる男を見抜く7つのポイント

彼は自分に優しいし、いつも自分を一番大切に思ってくれているから「この人と結婚すれば幸せになれる」という感情は、順調に付き合っていれば普通に抱くものです。

付き合うということは、相手のことが好きであり、相手のことを大切に思っていることが大前提ですから、その先の結婚を考えた場合も、優しさや相手を思う気持ちは最も大切であることに違いありません。

しかし、大切に思っている気持ちや優しさだけで結婚は出来ません。結婚は生活を共にし、家族となってお互いを支え合っていくものですから、優しさ以外にも必要なものは沢山あります。

では、結婚にはどんな力が必要で、どんなところを見抜く必要があるのでしょうか。既婚者の生の声は次の通りです。

どんな人にも優しいか

彼女や自分の親、親族に対して優しくできるのは当たり前。自分と関係のない人間、例えば仕事で接点のない人やお年寄りなどに対しても優しく接することができるかどうかは、その人の本質が見えます。

例えばデート中に店員さんの対応が気に入らず、見下した言葉や態度を示しているようなところが見られれば、それが彼の本性です。

本質を根本から変えることは不可能ですから、そういった彼と結婚をすれば、随所に本性が出ます。ここを重点的にチェックした既婚者も多いのです。

トラブル時の対応に好感が持てるか

平常時は優しくいい人でも、トラブルが発生した時に急変する男性はいるものです。

例えばトラブルといえば思いがけない顧客からのクレームですが、クレームを受けて誰かのせいにしたり、特定の人に責任を押し付けたり、オロオロして何もできない男性であれば、結婚してもトラブルがあるたび、あなたのせいにされるでしょう。

トラブル時に男として責任ある態度が取れるか。そこは家族を守れるかどうかに繋がりますから、よくチェックした方がよさそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます