パナソニック、ポータブル地デジテレビ「SV-ME7000」とポータブルワンセグテレビ「SV-ME580」

2013.3.11 12:28配信
ビエラ SV-ME7000

パナソニックは、ポータブル地上デジタルテレビ「ビエラ SV-ME7000」と、ポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ SV-ME580」の2機種を、4月30日に発売する。

「SV-ME7000」は、10インチワイド液晶モニタ(解像度1024×600)を搭載し、地上デジタル放送とワンセグ放送に対応する。

IPX6/IPX7相当の防水仕様で、お風呂や水まわりでも安心してハイビジョン放送を楽しめる。特に、IPX6の「常温の水道水にて、機器から約3m離れて、内径12.5mmのノズルであらゆる方向から毎分約100Lの水を3分以上注水した後でも、機能する」という厳しい条件を満たしているので、シャワーなどの水流がかかっても問題ない。

内蔵4ダイバーシティアンテナで、しアンテナのない部屋や屋外でも使用でき、外部アンテナにも対応する。デジタル放送を受信できない場合は、自動的にワンセグに切り替わる。

IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANで、レコーダー「ディーガ」や液晶テレビ「ビエラ」で録画/受信した番組を転送する「お部屋ジャンプリンク」に対応。また、インターネットに接続して、YouTubeやHulu、radiko.jpなどのインターネットサービスを利用できる。

パナソニック製のドアホンや太陽光発電システムなどの「くらし機器」用モニタとしても利用できる。SDXC/SDHC/SDカードスロットを搭載し、SDカードに保存した静止画や動画の再生に対応。お風呂での使用に便利な防水リモコンや吸盤ホルダー、マグネット式のACアダプタが付属する。

お風呂にマッチしたシンプルでスタイリッシュなデザイン。バッテリ駆動時間は、最長で約3時間30分。サイズは幅287.5×高さ190.4×奥行き17.3mmで、重さは約997g。カラーは、ピュアホワイト、フローラルピンクの2色。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

「SV-ME580」は、字幕やテロップが見やすい、5インチワイド液晶モニタ(解像度480×272)を搭載し、ワンセグ放送に対応。IPX6/IPX7相当の防水仕様で、シャワーなどの水流がかかるお風呂などでも安心して使える。

SDXC/SDHC/SDカードスロットを搭載し、ワンセグ放送の録画ができる。番組表からの録画予約に対応し、「ディーガ」や「ビエラ」で録画した番組をSDカードに転送して視聴することもできる。

画面を消して音声だけでワンセグ放送を楽しめる「画面オフ機能」を搭載。本体のMENUキー長押しで画面のオン/オフができる。

電源は、内蔵バッテリのほか、単3形乾電池×4本に対応。連続駆動時間は、単3形乾電池が最長で約7時間、内蔵バッテリが最長で約5時間、合計で最長約12時間。乾電池と内蔵バッテリを併用する場合は、内蔵バッテリを優先的に使用した後に、乾電池で動作する。

サイズは幅178.8×高さ92.9×奥行き37.9mmで、重さは約316g。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング