松尾スズキ、伝説の舞台『悪霊』。男女4人の愛憎劇を再び

2013.3.11 20:20配信
上段左から、三宅弘城、賀来賢人、下段左から、平岩紙、広岡由里子 上段左から、三宅弘城、賀来賢人、下段左から、平岩紙、広岡由里子

松尾スズキの舞台『悪霊-下女の恋』が今夏、再演が決定。男女4人が繰り広げる愛憎劇を、三宅弘城、平岩紙、賀来賢人、広岡由里子の顔合わせで上演する。

1997年にシアタートップスで初演、当時『ファンキー』で岸田國士戯曲賞を取ったばかりの新進気鋭の劇作家であり、劇団大人計画主宰の松尾スズキと、劇団東京乾電池の看板女優であった広岡由里子が出会った舞台だ。客席数150足らずの小さな劇空間で繰り広げられたこの男女4人によるこの作品は評判となり、連日通路まで観客で満杯にした。初演のキャストは、作演出も兼ねた松尾スズキ、広岡由里子の他、池田成志、池津祥子。その後、2001年に宮藤官九郎、大浦龍宇一、小島聖、広岡由里子で再演。今回は再演から12年ぶり、初演からは実に16年ぶりに、広岡を除く3人のキャストを一新して上演する。

タケヒコ(三宅)は、友人のハチマン(賀来)とお笑いコンビを組んでいる。売れない芸人であったふたりに、ようやくTV出演という ビッグな仕事が転がりこんできた頃、母・キメ(広岡)とのふたり暮らしだった家に、タケヒコの婚約者ナミエ(平岩)が訪れる。彼女の突然の出現により、母と子・友人との間に微妙なズレが生じ、やがて、その予兆は不幸な事故となって4人に襲いかかることに……。

舞台は8月29日(木)から9月16日(月・祝)まで、東京・本多劇場にて。その後、大坂、愛知、山口、福岡でも公演。

■M&Oplaysプロデュース『悪霊 -下女の恋-』
東京公演:2013年8月29日(木)~9月16日(月・祝) 本多劇場
大阪公演:2013年9月21日(土)
愛知公演:2013年9月23日(月・祝)
山口公演:2013年9月27日(金)
福岡公演:2013年9月28日(土)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング