英国で大ヒット! 映画『天使の分け前』の魅力とは?

2013.3.21 18:14配信
『天使の分け前』(C)Sixteen Films Ltd. Why Not Productions S.A.. Wild Bunch S.A.. Urania Pictures. Les Films

ケン・ローチ監督の新作『天使の分け前』が4月13日(土)より公開される。英国では、ローチ作品最大のヒットを記録したという本作をひと足早く鑑賞した著名人からのコメントが届いた。

その他の写真

タイトルの“天使の分け前”とは、熟成中に蒸発してしまうウィスキーのことで、樽の中の約2パーセントほどが1年間に消えていくという。映画はスコッチウィスキーの故郷スコットランドを舞台に、劣悪な環境で育ち、職もなくケンカばかり繰り返していた青年ロビーが、ウィスキーのテイスティングの才能に目覚めたことから、人生の新たな一歩を踏み出そうとする姿を描いている。

春風亭小朝は「主演のポール・ブラニガンに惹きつけられて、気がついたら主人公を応援しながら観ていました。幸せな気持ちになれる作品です」と言い、藤村俊二は「人と人、人と物とが熟成され、ユーモアの樽からひとしずく…。スコットランドからおこぼれ頂戴、笑ったあとの分け前は、何と感動」とコメント。また、お笑い芸人から見ても笑える映画のようで、オジンオズボーンの篠宮は「どうも、のめり込み蔵です。誰か僕にも天使の分け前を!」、オジンオズボーン高松は「どん底の人生やったとしても、人との繋がりやきっかけさえ作れば大逆転出来る事を教えてくれる映画でした。おっちょこちょいで憎めない仲間たちとのやりとりもほのぼのしてて笑えました!」と言い、ハイキングウォーキングは「観終わってほっこりした気分になりウイスキーがのみたくなりました。そして親やお世話になった人たちに会いたくなりました。この映画テイスティングしたら気持ちよく酔いしれます」と感想を寄せている。

『麦の穂をゆらす風』『ケス』などで一貫して、社会の底辺で生きる人々を描いてきたローチ監督。近作はコメディ要素を取り入れながら、日々を懸命に生きる人々に温かい眼差しを向けており、新作『天使の分け前』は笑えて感動できる作品に仕上がっているようだ。

『天使の分け前』
4月13日(土)より銀座テアトルシネマほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング