メンバー全員で“首里城ポーズ”!? NMB48初主演映画が沖縄映画祭で上映

2013.3.25 17:41配信
NMB48の舞台あいさつの様子

開催中の《第5回沖縄国際映画祭》で、『NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!』の上映が行われ、出演した山本彩、渡辺美優紀、山田菜々、小笠原茉由、小谷里歩らNMB48のメンバーが舞台あいさつに登壇した。

その他の画像

本作は日本テレビ系で放送された学園シチュエーション・コメディ『げいにん!』の映画版。「なんば女学院・お笑い部」の生徒たちが、「全国女子高生お笑い選手権」、通称『JK-1』優勝をかけ奮闘する姿を描いている。沖縄国際映画祭への参加は今年で3回目となるメンバーだが、実際に出演作品をもって登場するのは初めて。山本が、「映画に出演した側としてレッドカーペットを歩いて緊張しましたが、あたたかく迎えてもらってうれしかった」と初日のレッドカーペットでの思い出を振り返ると、山田も「こんなにたくさんの人たちが来てくれてビックリしました。初めての映画出演で、大好きな「げいにん!」を映画化してくれてうれしいです」と喜びをあらわにした。

本格的な演技初挑戦となったメンバーたちには、難しいシーンも多かったようで、山本は、「演技が苦手なので、最初は戸惑いましたが、役柄や名前も実際のメンバーのままでお互いの関係性そのままでできたのでよかったです。私はお笑い部の中でも熱血なキャラクターで、恥ずかしいセリフを真剣に言ったりする場面で何度もNGを出してしまった」と告白。また、内田秀実監督から、「ただひとりセリフを覚えてこなかった」と衝撃の事実を暴露された山田は、一瞬動揺するも、めげずにお笑い芸人「ジョイマン」のネタをモチーフにした一芸を見せるなど、アイドルとは思えない“芸人魂”を披露し、会場に集まったファンを大いに沸かせた。

最後に山本は「青春中の人たちだけではなく、大人の方にも楽しんでもらいたい」とPR。沖縄らしくメンバー全員で“首里城ポーズ”も披露し、会場は大きな歓声に包まれていた。

《第5回沖縄国際映画祭》
〜3/30(土)まで

取材・文・写真:渡部あきこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング