寺山修司と松本雄吉のコラボにキャストも興奮! 八嶋智人が『レミング』を語る

2013.4.9 11:45配信
左から松重豊、八嶋智人 左から松重豊、八嶋智人

寺山修司没後30年、PARCO劇場40周年を記念して、4月21日(日)から『レミング~世界の涯まで連れてって~』が上演される。演出を託されたのは、維新派の松本雄吉。音と空間を存分に活用して観客を異世界と誘う名人の登板となれば、寺山作品に愛着がある人にとっても、驚きと発見に満ちた体験になるのは間違いない。その仕上がりを探るため、稽古場を訪れ、出演者の八嶋智人に話を訊いた。

演劇実験室◎天井棧敷によって1979年に初演、1983年に劇団の最終公演として改訂再演された『レミング』をもとに、今回は松本と少年王者舘の天野天街が共同で上演台本を仕立てた。「楽譜に近い、見たこともない台本でした」と八嶋は言う。“ヂャンヂャン☆オペラ”は、変拍子のリズムでセリフを連ねていく維新派ならではの表現スタイルで、台本には、言葉を発するタイミングやテンポが細かく記されているのだ。「5拍子や7拍子に慣れていないので最初は戸惑いましたけど、体に馴染んでくるとこれほど気持ちのいいグルーヴはない。同じフレーズを繰り返していても、滞らないというか、独特の高揚感があるんですよね」。

人々を隔てていた壁という壁が消失し、すべてが混沌のうちにつながってしまった都市の物語。舞台上で次々と明らかになっていくのは、目隠しを奪われたせいで虚飾を施せなくなった個々の生活だ。八嶋が演じるコック1の場合、四畳半の畳の下に母親(松重豊)を飼っていることが観客の眼前にさらされる。エキセントリックな設定でありながら、母と子の丁々発止のやりとりを見ると、笑わずにはいられない。さらに息子は、穴から飛び出た母親の首で“もぐら叩き”を始める始末だ。

「いろんなことが縦横無尽ですよね、寺山作品は。しかも説明的じゃない。凝縮された言葉をポンッと提示して、それを皮膚で感じてもらうという“引き算”の魅力なんです」。詩人でもあった寺山の飛躍に満ちたイマジネーション。だからこそ、右脳に作用する松本演出との相乗効果に寄せられる期待は大きい。「表現の精度をグーッと上げていって、松本さんの言う“至芸”に到達したい。目指すのは、デジタルとアナログの絶妙な塩梅。観てキョトンとしたお客さんにも、“わからないけど、面白かった!”と言ってもらえる自信があります。なにしろ僕自身が、毎日稽古しながらワクワクしているので」。

片桐仁がコック2、常盤貴子が往年の映画スター影山影子の役を演じるほか、オーディションで選ばれた16人のキャストが出演。4月21日(日)から5月16日(木)まで東京・PARCO劇場、5月25日(土)に名古屋・中日劇場、6月1日(土)・2日(日)に大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて上演される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング