【黒蜥蜴】「役者同士の馴れ合いは嫌い」孤高の光を放つ、"美輪明宏"の裏の顔

美輪明宏の代表作で、数十年にもわたって幾度も演じている舞台『黒蜥蜴』が 4月5日~6月にかけて全国各地で上演。美輪は主演のみならず、演出・美術・衣装・音楽・人選等も自ら手がけている。そんな美輪の舞台裏はどんな素顔なのか? 共演者の中島歩に聞いてみた。

 

(C)御堂義乗
意外にも初出場だった昨年暮れのNHK紅白歌合戦で、自らが作詞、作曲した幻の歌曲『ヨイトマケの唄』を熱唱して話題を集めた美輪明宏。その唯一無二の存在感と輝き、説得力のあるコメントは誰もが知るところだが、美輪が演出家として、俳優として何にこだわり、何に重きを置き、孤高の光を放ち続けているのか、作品や風貌から想像はできても、実際のところを知る人は少ないのではないだろうか?

そう思っていた矢先に、それを探る絶好のチャンスが訪れた。1968年の初演以来、美輪が幾度となくタイトルロールの女賊を演じてきた舞台『黒蜥蜴』が5年ぶりに再演されるのだ。

三島由紀夫が江戸川乱歩の探偵小説を脚色した本作の黒蜥蜴は、まさに美輪の当たり役。名探偵・明智小五郎との対決を縦軸に奏でられる狂おしい恋の物語で、深作欣二監督による'68年の映画版では美輪(当時:丸山)のために三島が台本を改稿。舞台では美輪が演出、美術、衣裳も兼任して独自の世界を作り上げているのだから、稀代のアーティストの秘密に迫るのにこれほどピッタリの題材はないだろう。

『黒蜥蜴』で俳優デビューを飾った中島歩。モデル出身の24歳。

しかも、さらにラッキーなことに、美輪明宏の洗礼を受けたばかりの人物との接触にも成功。その人物とは、今回の舞台『黒蜥蜴』で俳優デビューを飾る中島歩(なかじまあゆむ)だ。オーディションで約200人の中から黒蜥蜴に拾われ、愛人になる雨宮潤一役に抜擢された中島は、以前はモデルとして活動していた24歳。

美輪本人に「若いころの私にちょっと似ている」と評された美貌の持ち主で、「俳優になりたくてワークショップに参加しつつも、日雇い労働をしながら悶々とした毎日を送っていたところを美輪さんに選んで頂いた僕は、雨宮に少し境遇が似ている」と語る逸材だ。

演技経験はまだほとんどゼロ。だが関係者しか知り得ない、特に同じ舞台に立つ者でしか分かり得ないものがきっとあるに違いない。それは逆を言えば、役者として無限の可能性を秘めた中島が、美輪から何を学び、どんなことを体得したかの証でもある。2つの、ふたりの“真実”を伝える実に興味深いインタビューになった。

まず最初に訊いたのは、オーディションのときのこと。そこで初めて会った美輪明宏に呑まれるようなことはなかったのだろうか?

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング