【仕事】仲間との関係に悩まずに、業績をアップできる「仲間力」の鍛え方

仕事仲間との関係に悩んでしまったときに読んでおきたいビジネス本『ともに戦える「仲間」のつくり方』をご紹介。著者で株式会社ビズリーチ代表取締役の南壮一郎氏に、「仲間づくりのステップ」についてお話をうかがいました。

社員に囲まれる南壮一郎氏(前から2列目、右から4番目)

何をやるかではなく、誰とやるかが大切ーーこんな言葉を聞いたことはないでしょうか。
仕事のデキる人ほど、一緒にプロジェクトを進めていく仲間の存在を大事にしています。

仕事はひとりでは進めていけないもの。自分が苦手な分野は得意な仲間に任せ、仲間の苦手な分野は自分が引き受ける。仕事はそうやって回っていくから成り立つのです。プロジェクトが上手くいかない場合は、まずは仲間との関係性を見直した方がいいのかも知れません。
 

仲間に恵まれず苦労した経験から学んだ「仲間づくりの方法」とは

『ともに戦える「仲間」のつくり方』南 壮一郎(著)
Amazonで購入

そんな仲間との関係に悩んでしまったときに、読んでおきたいビジネス本『ともに戦える「仲間」のつくり方』と出会いました。日本初の求職者課金型転職サイト「ビズリーチ」ができるまでの山あり谷ありのストーリーが、小説のようなタッチで描かれています。ビジネス本とは思えないくらい、引き込まれてしまう内容となっています。

著者で株式会社ビズリーチ代表取締役・南壮一郎氏は、ビズリーチを立ち上げるまでに、システム開発をしてくれるエンジニア探しに奔走するも、何人ものエンジニアから“拒否”されてしまいます。はっきりと「あなたとは仕事をしたくない」と言い渡されることも。あるとき「仲間になろうと言われても、ただあなたに利用されるだけのような気がしてしまって。それって本当に仲間といえますか?」という言葉に心をえぐられた経験から、本当の仲間とは何なのか考えるようになりました。

収められているのは、現在のビズリーチが形になる前から現在まで、ビズリーチを作って支えてきた創業メンバーたちとのストーリー。仲間の探し方から、仲間と問題を乗り越えていく方法まで、ビズリーチの歴史にもとづいて描かれています。仲間との関係性に悩んでいる人に限らず、新規事業を作りたい人にもぴったりな内容。南氏に「仲間づくりのステップ」について、エッセンスを教えていただきました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング