リース・ウィザースプーンとアマンダ・セイフライドが初共演?

2013.5.8 17:2配信

リース・ウィザースプーンが『Three Little Words』に主演することがわかった。監督はウィザースプーンが『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道』で組んだジェームズ・マンゴールド。アマンダ・セイフライドも出演を検討している。

『Three Little Words』は、4歳で福祉施設に入れられたフロリダの少女をめぐる実話にもとづく物語。ボランティアの女性は、少女の実の母親を探し出し、親権を放棄させようと努力する。ウィザースプーンが演じるのはボランティアの女性。セイフライドは実の母親役をオファーされているが、まだ出演は決定していない。

ウィザースプーンとマンゴールドが組んだ『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道』で、ウィザースプーンはオスカー主演女優賞を受賞した。近年、ウィザースプーンはヒットにめぐまれておらず、さらに先月、夫が飲酒運転の疑いで警察に止められた時、警察に向かって暴言を吐いたことで、大きなイメージダウンを受けた。ぜひともここで映画を大きく当てて、挽回したいところだ。マンゴールドの次回作は『ウルヴァリン:SAMURAI』。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング