映画『偉大なる、しゅららぼん』で深田恭子が“謎多き女”に

2013.5.24 12:57配信
『偉大なる、しゅららぼん』 (C)2014 映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 (C)万城目学/集英社

濱田岳と岡田将生のダブル主演で映画化される『偉大なる、しゅららぼん』の新キャストとして、日出清子役を深田恭子が演じることが明らかになった。

その他の写真

本作は、『鴨川ホルモー』などで知られる人気作家・万城目学の同名小説が原作。“不思議な力”を代々伝承してきた一族・日出家が暮らす琵琶湖畔の街を舞台に、力を継承する一族の跡取り・淡十郎(濱田)と彼に振り回される高校生・涼介(岡田)が街や歴史を巻き込んだ大騒動を起こしていくさまを描く。

深田が演じる日出清子は、淡十郎の姉で、赤いジャージを身にまとい、白馬を乗り回す凛々しく強き女。通称“グレート清子”と呼ばれる、淡十郎が唯一逆らえない相手だ。言葉も乱暴で自分勝手な清子の“能力”はあまりに強すぎるため、社会生活になじめず城に引きこもり続けている、なにやら謎の多い役どころだ。

すでに撮影は終了しており、謎多き清子を演じきった深田は「清子は乱暴な言葉づかいでびっくりするようなセリフも言いますが、日出家に代々伝わる不思議な力を持ち、誰よりも強いとされる謎の多い女性です。また、引きこもりなのに馬を乗り回す、という役どころのため、今回は乗馬にも挑戦しています。撮影が進むにつれ、マレーボ(馬の名)の気持ちがわかるようになるほど、大好きになった乗馬シーンも楽しみにしてください」とコメント。

滋賀県でのオールロケ撮影だった本作を振り返り「共演者の皆様とも本当に仲良くしていただいて、すべてがあまりにも楽しくて帰りたくないほどでした。共演させていただいた濱田さんと岡田さんは、いつもお二人が本番前に、学ランの一番上のボタンをお互いに留めあっていて、その様子がとてもかわいらしくほほえましく見ていました。万城目さんの原作らしい独特な世界観を持った作品になりそうで、撮影が終わったばかりの今から、仕上がりが楽しみでなりません」と完成を心待ちにしているようだ。

『偉大なる、しゅららぼん』
2014年春 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング