アンジェリーナ・ジョリーの叔母が乳がんで死去

2013.5.27 18:23配信

アンジェリーナ・ジョリーの叔母が、今月26日に乳がんで亡くなったことがわかった。6年前に卵巣がんで亡くなったジョリーの母の妹にあたる。

その他の情報

叔母の名前はデビー・マーティン。亡くなる前、ジョリーはまめに連絡を取っており、ジョリーの兄ジェイミーはマーティン夫婦のそばにいたという。ジョリーは診断の結果、乳がんにかかる可能性が非常に高い遺伝子をもっていることがわかり、今年初めに、予防のため、両方の乳房を切除する手術を行った。6人の子供をもつジョリーは、「これで私は子供たちに、ママを乳がんで失くす心配はないと言うことができる」と語っている。

妻を失くしたばかりのジョリーの叔父ロン・マーティンは、「デビーが乳がんと診断されてから、アンジェリーナとは何度も顔を合わせている。彼女が下した決断を誇りに思う。僕らが経験した苦しみを、彼女の家族が経験しなくていいようにとやっていることだから」とコメントしている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング