GACKTが源義経に。来夏上演の主演舞台はメディアミックス、海外進出も視野に入れた意欲作

2011.12.6 14:50配信
『MOON SAGA ~義経秘伝~』より早乙女太一、GACKT、大和悠河 『MOON SAGA ~義経秘伝~』より早乙女太一、GACKT、大和悠河

GACKTが主演の源義経と原案を務め、少女漫画界のヒットメーカーであるCLAMPが原作を描く舞台『MOON SAGA ~義経秘伝~』。2012年7月から東名阪・福岡の4都市で上演される本作の製作発表が、12月5日、都内で行われた。会場にはGACKTのほか、舞台のオリジナルキャラクターに扮する早乙女太一、巴御前役の大和悠河、演出の河原雅彦が登壇した。脚本は鈴木哲也が務める。

“MOON SAGA”とは、GACKTが自身のソロライブで約10年間、また2003年の映画『MOON CHILD』でも表現してきた一連の物語。彼にとって“月”とは人間の存在意義を意味し、何もかも照らし出す“太陽”と違い、他者に対してほんの少し前を照らし、また人の背中を後ろから押してあげるような見守る存在を指すのだという。その“MOON SAGA”の物語のソースである源義経を舞台版時代劇ファンタジーへと昇華させ、今後は漫画、アニメなどメディアミックスの展開も予定。また日本に留まらず、台湾、中国、ヨーロッパ、アメリカと海外進出も視野に入れている。

GACKTは義経や舞台について「多くの義経像が存在する中で共通しているのは、非常に仲間に恵まれていたこと、身内の愛を渇望しながらも身内に裏切られたこと。そして最後は哀しい結末を迎えること。これは起伏の激しい彼の人生のひとつのファクターなのではないか。また、彼と相まみえる仲間にも濃いキャラクターが多い。義経の魅力とともに、一緒に時代を駆け抜けた仲間たちにも魅力があることを舞台で感じてもらえたら」とコメント。また、殺陣については「殺陣は登場人物の感情表現の大きなところ。激しい立ち回りでも優雅で切なく哀しい。人を斬ることの苦しさが観ている方に伝えられたら」と独特の考えを語った。それを受けて、早乙女は「殺陣はこれまで感情表現としてやることはほとんどなく、剣舞として綺麗に見せていた。最近ではそれを崩そうとしていたので、この作品を通して新しい何かを見つけられたら」と期待を込める。また大和は「宝塚の男役時代に培ったものがこの作品で使えるんだなと思うと嬉しくなる。私も立ち回りは(GACKT同様)素敵なお芝居だと思う。全身全霊をかけて挑んでいきたい」と抱負を語った。

東京公演は2012年7月15日(日)から29日(日)まで赤坂ACTシアターにて上演。その後、愛知・御園座、福岡・福岡市民会館、大阪・梅田芸術劇場と各地を回る。チケットは2012年3月1日(木)より一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング