声優初挑戦の本仮屋ユイカ、“同い年”アンパンマンは「心のヒーロー」

2013.5.29 17:39配信
『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』の声優を務める本仮屋ユイカ

女優の本仮屋ユイカが国民的人気アニメの映画シリーズ第25弾『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』で、劇場用アニメの声優に初挑戦することになり29日に都内のスタジオで、共演する人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしと伊達みきおと共にマイクに向かった。

その他の写真

今年25周年を迎えた映画『アンパンマン』シリーズと“同い年”の本仮屋は「子どもの頃から大好き。今でもピンチに陥ったり、自分で辛いなと思う時にはアンパンマンのテーマ曲を口ずさんでいる。私にとっては、心のヒーローです」と笑顔でコメント。本仮屋が演じるのは、雲の上に住んでいる小さな象の男の子“パオ”という初登場の新キャラクター。“空をきれいにできるハンカチ”を鼻から出せずに落ち込んでいたパオは、アンパンマンに出会い、希望を胸に前進しようと決意する。

そんなパオを優しく見守る師匠的な存在の“ザジズゼゾウ”(通称:ザジおじさん)を演じる富沢は「ゾウを演じたことがないので(笑)、どんな声かイメージしづらかった。一体何歳なんだろうって考えたら、余計難しくなってしまった」と悪戦苦闘。一方、相方の伊達は、ばいきんまんが発明した最新メカ“スゴイゾウ”を演じ、「暴走すると“ヨゴスゾウ”に変身し大暴れするんです。台詞はスゴイゾウとヨゴスゾウだけ(笑)。喜怒哀楽が難しいです」とこちらも役作りに苦労していた。

それでも「アンパンマンが頑張る姿に思わず泣いてしまった」(富沢)、「去年の映画は復興がテーマ。そして今年は希望を描いている。ぜひ被災地の東北の子どもたちに観てほしい」(伊達)と真剣にメッセージ。本仮屋も「前向きに頑張ることの素晴らしさを教えてくれる、希望がいっぱい詰まった映画です」とアピールしていた。

『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』
7月6日(土) ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング