金爆×『ワイルド・スピード EURO MISSION』コラボで“痛車”お披露目!

2013.6.4 18:14配信
(左から)“ゴールデンボンバー”の歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔、樽美酒研二

ヴィジュアル系その他の画像

エアーバンド“ゴールデンボンバー”が、人気シリーズの最新作『ワイルド・スピード EURO MISSION』とコラボレーションすることになり、4日、都内で両者のタッグが生み出した“痛車”のお披露目会見を行った。

今回のコラボレーション実現は昨年、映画主演を果たしたギタリスト・喜矢武豊が自身の公式ブログで「いよいよか…。ハリウッド…」とハリウッド進出への意欲を見せたことがきっかけ。その後、本作とのコラボレーションを正式に依頼されると、「ハリウッドキターーーーー♪───O(≧∇≦)O────♪」とブログで喜びを爆発させた。一方、関係者も「喜矢武さんのクリエイティブなセンスは斬新かつエレガントで、世界に通用するもの。今回のコラボも映画史上初のインパクトのあるものにしたい」と期待を寄せていた。

そしてついに解禁されたのが、喜矢武豊をはじめ、歌広場淳、鬼龍院翔、樽美酒研二のメンバーをイメージした4台の“痛車”。さらに同作の日本版CMのアフレコを担当することが発表され、鬼龍院翔が爆発音、喜屋武豊がエンジン音、歌広場淳がクラッシュ音、樽美酒研二は“雰囲気”音を務めることになった。

「ハリウッド進出って聞いていたのでガッカリ」と肩を落とした鬼龍院翔だが、本音は「正直あんまり考えてないです。海外の人たちに、僕らのボケは通じにくいですし」と海外進出には消極的な様子。一方、コラボ実現のきっかけを作った“張本人”の喜矢武豊は「ゴールデンボンバーを捨ててでも、いつかハリウッド進出したい」と初志貫徹だった。

映画は、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)のコンビが各地で激しいカー・バトルを展開する人気シリーズ。新作では欧州を舞台に、ショウと名乗る謎の男を追ってドミニクらのチームがシリーズ史上最もド派手で最難ミッションに挑む。すでに公開されているアメリカではシリーズ最高のオープニング記録をたたき出している。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』
7月6日(土)、全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング