パイオニア、CDミニコンポーネントシステム「X-HM51-S」「X-HM21-S」、iPhone 5やiPadに対応

2013.6.5 20:27配信

パイオニアは、iPhoneやiPadに対応し、CD、USBメモリ、FM/AMラジオなど、多彩なメディアを本格的な2Wayスピーカーとハイパワーアンプで楽しめるオールインワンタイプのCDミニコンポーネントシステム「X-HM51-S」を6月下旬に、「X-HM21-S」を6月中旬に発売する。

ともに、迫力ある重低音を大口径ウーファーと伸びやかな高音を再生するトゥイーターを搭載した本格的な2Wayスピーカーを採用。ハイパワーアンプの搭載によって、高音質の音が楽しめる。

USB接続でiPhone/iPad/iPodに保存した音楽を再生でき、CDやUSBメモリ、FM/AMラジオなど多彩なメディアに対応する。

フロントパネルにはアルミ素材を採用し、スピーカーキャビネットを木目調に仕上げることによって、高い質感を実現している。

「X-HM51-S」は、ウーファー口径12cm、アンプ出力50W+50Wで、フルデジタルアンプの採用やスピーカー部の入力端子に金メッキ仕上げのバナナプラグを使用することで、ノイズを軽減してよりクリアな音を再生。Bluetoothに対応し、スマートフォンなどに保存した音楽をワイヤレスで再生できる。

ボリュームノブにもアルミ素材を使用。スピーカーキャビネットの背面を継ぎ目のない三方留め仕様にすることで、高級感を高めた。

レシーバー部のサイズは幅215.0×高さ100.5×奥行き325.0mmで、重さは2.3kg。スピーカー部は幅156.0×高さ241.5×奥行き243.0mmで、重さは1本3.4kg。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

「X-HM21-S」は、ウーファー口径10cm、アンプ出力15W+15W。レシーバー部は、サイズが幅215.0×高さ95.0×奥行き315.0mmで、重さは2.0kg。スピーカー部はサイズが幅130.0×高さ211.5×奥行き240.0mmで、重さは1本2.0kg。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング