モテない人にありがち!? 異性がドン引きする3つのNG行動

2013.6.17 10:30

自分では気付かないうちに、異性に引かれてしまっていることがあります。女性目線では「男性って、そんなこと気にするの?」と驚きだったり、男性目線では「女のそういうところって理解できない」と思ったり…。今回は、そんな風に異性に引かれてしまう可能性がある「3つの行動」をご紹介します。

自分では気付かないうちに、異性に引かれてしまっていることがあります。女の私からすると「男性って、そんなこと気にするのー??」という驚きですし、男性からは「女のそういうところって理解できない」という声を耳にします。異性を引かせてしまう…これって、意識すれば、回避できますよね。そこで今回は、異性に引かれてしまう可能性がある3つの行動をご紹介します。
 

<無意味に競う>

給料、学歴、ゴルフのスコア…無意味に「競う」というのは、異性に引かれる可能性が高い行動。特に、競ってしまうのは男性に多いようです。

例えば、ゴルフが趣味の女性が、男性とゴルフコースに出たときのできごとをご紹介します。

女性のゴルフプレイヤーは男性に比べ、まだまだ少ないと言いますが、この女性はゴルフ歴が二十数年という本物のゴルフ愛好家です。当然、ゴルフの腕前も男性に劣りません。それに比べ、その日一緒にコースを回った男性は、どうも調子がイマイチの様子。結果は、女性の方が良いスコアだったそうです。するとその男性は「何かズルでもしたんじゃないのー」とあらぬ疑いをかける始末です。冗談でも言っちゃダメですよね。さらに「普段は、君のスコアなんて目じゃないんだけどね。今度は勝つからまたご一緒しましょう」と…。こんな競い方をする人と、一緒にゴルフに行きたいわけがありません。その女性が引いたのは言うまでもありません。

また、社内恋愛で、営業職同士の数字の競い合いなどは厄介です。「俺の方が仕事ができる」などと、仕事をプライベートに持ち込み、さらに競おうとすると、相手が引いてしまうのも仕方ありません。相手の仕事や相手の成功を喜べないなんて、恋人としてNGですよね。
異性と競っていいことはあまりないのですが、ついついやりがち。人間には、「負けたくない」という本性が備わっているからでしょうか。相手に対してムキになっている時、何か競おうとしていないか、自問自答してみる必要があるかも。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング