切ないメロディが魅力。禁断の愛を描く韓国ミュージカルが公演中

2013.6.28 22:44配信
左から、イ・ジュガン、キム・ジェボム 左から、イ・ジュガン、キム・ジェボム

男性伎生の禁断の愛を描く韓国オリジナルミュージカル『風月主~美しきファランの禁断の愛~』が東京・アミューズ・ミュージカルシアターで公演中。6月27日には同劇場で、出演者のイ・ジュガンとキム・ジェボムが会見を行った。

ミュージカル『風月主』チケット情報

時代は古代新羅、男性伎生たちが身分の高い女性に仕える「ウンル」が舞台。人々は彼らを月と風の主“風月主”と呼んだ。その“風月主”の中で最も人気の高かった、男性妓生・ヨルは女王ジンソンの寵愛を一身に受けていたが、彼の心は男性妓生仲間のサダムに寄せられていく。女王を軸に、友情とも愛情ともソウルメイトとも言える男性妓生ふたりの絆をドラマティックに描いたミュージカルだ。

ヨル役のイ・ジュガンは「サダムに対しては確固たる愛を抱いているが、女王に対しては愛というより、彼女の境遇に哀れみを感じている。女王はそれを愛と受け取っているがそうじゃない。ふたりに対してヨルが抱いている思いをうまく演じ分けることに重点を置きました」、サダム役のキム・ジェボムは「特殊な題材を扱っているが、何より一番の魅力は音楽。切ないメロディに涙を流すことでカタルシスを感じてもらえたら」とそれぞれ舞台の見どころを語った。

日本公演は7月21日(日)まで。イ・ジュガンとキム・ジェボムが出演するのは7月4日(木)まで。7月5日(金からの公演後半はヨルとサダム役にイ・ユルとイ・チャンヨンが出演する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング