TDLサンクスデー2018 ©Disney(撮影 /YOSHI)

東京ディズニーリゾートでは、2018年1月16日(火)に、「サンクスデー」が行われました。

社長や会長によるセレモニーや、記念品の配布など特別なイベントの模様をレポートします。

キャストのためのひととき

サンクスデーは、普段たくさんのゲストにハピネスを届けているキャストをオリエンタルランドグループの役職員がおもてなしをするイベントです。

閉園後の東京ディズニーランドで、キャストがゲストとなり、特別なひとときを過ごしていました。

記念品はロングタオル

記念品はロングタオル|TDLサンクスデー2018 ©Disney(撮影 /YOSHI)

2018年のサンクスデーの記念品は「ロングタオル」。

カラフルなカラーがかわいいロングタオルには、「THANKS DAY 2018」の文字とミッキーのシルエットがデザインされています。

首に巻いたり、頭に巻いたり、早速みなさん身に着けていていました!

パーク内では、特別なデザインのキャンディーの配布もあり、配る方も貰う方も笑顔で、素敵な空間が広がっていました。

サンクスデーセレモニー

上西社長のスピーチ|TDLサンクスデー2018 ©Disney(撮影 /YOSHI)

キャッスルフォアコートでは、サンクスデーセレモニーが行われました。

アンバサダー福本さん、株式会社オリエンタルランド上西社長、加賀見会長がゼネラルフロートに乗って登場。

上西社長、加賀見会長がスピーチをしました。

35周年に向けてたくさんのハピネスを作っていくという気持ちをこめて、全員で「ウィークリエイト、ハピネス!! 」と掛け声をかけました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます