ウィーン・ミュージカル珠玉の名曲を、ウィーンのトップスターたちが歌うコンサートが開幕

2013.7.9 18:32配信
「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」より。マーク・ザイベルト、ルカス・ペルマン 「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」より。マーク・ザイベルト、ルカス・ペルマン

『エリザベート』の大ヒット以降、“ウィーン・ミュージカル”の呼び名で愛されているウィーン生まれのミュージカルの名曲の数々を、本場ウィーンのトップスターたちが歌う「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」が7月5日、東京・Bunkamura オーチャードホールにて開幕した。

「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」チケット情報

日本演劇界に深く根付いた“ウィーン・ミュージカル”は、今やヒット作の代名詞。日本ではこれまで『エリザベート』、『モーツァルト!』、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』、『レベッカ』、『ルドルフ』などが上演されており、いずれも好評を博している。また、2007年のウィーン版『エリザベート』初来日以降、ウィーンのスターたちの来日も盛んだが、今回は初来日のスターも多く、日本のファンにとっても新鮮なコンサートになった。

コンサートは、前半は『モーツァルト!』、後半は『エリザベート』を中心に構成。『モーツァルト!』では、世界初演でタイトルロールを演じたイングヴェ・ガーソイ・ロムダールが、子どものようにやんちゃで純粋なモーツァルトを生き生きと演じる姿を見ることができる。『エリザベート』では、ヒロイン・エリザベート役を1000回以上演じ、昨年日本で行われた「ウィーン版『エリザベート』20周年記念コンサート」をもってこの役を卒業したウィーンミュージカル界きってのディーバ、マヤ・ハクフォートの歌声が、やはり心に染みる。いずれも本場ウィーンでももう観ることはできない配役。コンサート仕立てではあるが、実際の衣裳を纏い、凝縮されたストーリーを“熱演”する彼らの姿は、もはやミュージカル作品といってもいいくらいの充実度だ。

さらに、『エリザベート』からは、現在ウィーンで上演中の当作品に主演中のエリザベート役アンネミーケ・ファン・ダム、トート役マーク・ザイベルトが揃って初来日。現地でも大好評を博しているこのふたりのニュー・スターは、さすがに華やかなオーラで客席を圧倒する。また、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のクロロック伯爵を1000回以上演じているケヴィン・タートの深い歌声、日本でもおなじみのウィーン・ミュージカル界きっての貴公子ルカス・ペルマンの爽やかな魅力も必見。スペシャルゲストとして韓国のオク・ジュヒョンも出演する(この後の日程では7/14・15のみ)。「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」、豪華スターの圧倒的な歌唱力で、ウィーン・ミュージカルの楽曲の美しさを改めて感じることができる、至福の時間だ。

Bunkamura オーチャードホール公演は大盛況のうちに終了したが、このあと7月11日(木)から15日(月)に大阪・梅田芸術劇場メインホール、7月20日(土)から22日(月)に東京・東急シアターオーブでも上演される。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング