“希望”描くスピルバーグ監督の最新作『戦火の馬』予告編が公開

2011.12.12 15:39配信
『戦火の馬』日本版ポスター

来年3月に公開されるスティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『戦火の馬』の予告編映像がこのほど公開された。

予告編はこちら

『戦火の馬』は、1982年に英国で発表された児童文学を原作に、第一次大戦下の過酷な状況の中で生き抜く“奇跡の馬”ジョーイと、彼を愛する少年アルバートら人間との絆を壮大なスケールで描いた作品。新鋭ジェレミー・アーヴィンが主演を務めるほか、エミリー・ワトソンらが出演する。

このほど公開された予告編は、少年アルバートが一頭の美しい馬と出会う場面に始まり、“ジョーイ”と名付けられたその馬とアルバートが絆を深めていく場面を経て、軍馬として徴用されたジョーイの過酷な運命が重厚な映像で描かれている。映像では随所でジョーイが自らの意思で動き、言葉は話せないながらも人間たちに何かを伝えようとする場面が登場。これまでの愛馬物語は人間側のみが一方的に馬に愛情を注ぐ物語が多かったが、本作ではスピルバーグ監督が“奇跡の馬”を媒介に様々な人々が出会い、想像もしえなかった“希望のドラマ”が生まれる瞬間を描いているようだ。

また、本作はデジタル技術の使用を極限まで抑えて製作されているのが特徴で、本物の馬が疾走する躍動感や、美しい欧州の山々、黄金色に輝く太陽光など“CGでは再現できない自然の美”を短い予告編の中にも発見することができる。

今月末の全米公開前に早くも映画賞にノミネートされるなど、本年度の賞レースの最有力候補と称されている本作は、来年3月2日(金)に日本公開される。

『戦火の馬』
2012年3月2日(金)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング