池内博之と中越典子が煮え切れない恋にヤキモキ

2013.7.22 16:00配信
左から池内博之、中越典子 左から池内博之、中越典子

2010年にイギリスのエディンバラ・フェスティバル・フリンジで最優秀賞を受賞した作品が、『マイ・ロマンティック・ヒストリー~カレの事情とカノジョの都合~』と題し、日本人キャストによって翻訳上演される。1980年生まれの若い作者D.C.ジャクソンによるこの戯曲を、演出の栗山民也は「劇構造が面白いし、言葉の力が強く、グイグイと引き込まれる。シェイクスピアの国ならではの現代演劇」と絶賛する。一方で、演じる俳優の目にはどう映るのか、主演の池内博之と中越典子に訊いた。

池内と中越が演じるトムとエイミィは、会社の同僚で、ある日、飲み会の後につい一夜を共にしてしまう。それ以来、何となく付き合うことになるものの、それぞれ過去の恋人への未練が断ち切れない。物語は、エイミィの妊娠発覚によってさらに混迷を増すふたりの関係を軸に、両者の本心へと迫っていく。「空回りする歯車みたいに曖昧な関係を築いてしまうんですね。スコットランドでも同世代の人は同じ感覚なんだな、と。戯曲を読んで、“ある、ある”と思いました」(池内)、「どこにでもいそうな女の子が、青春時代の熱い恋を忘れられずにいる。誰もが共感できる話なので、観ると“自分にとって本当に大切な人は誰なんだろう”と考えさせられるはずです」(中越)。

現代人にとってリアルなテーマを描きながら、演劇表現はリアリスティックな手法にとどまらない。トムとエイミィ以外の19役を加藤忍、土屋裕一、春風ひとみの3人が演じ分けるほか、随所にモノローグを挿入したり、同じ場面をトム目線、エイミィ目線の2パターンで描いたりと、様々な趣向が凝らされる。「日常的な会話の中に、人間の多面性が描かれているし、演劇的な面白さを感じますね」(中越)、「エンディングが絶妙なんです。“え、そこで終わるの?”っていう。観てしばらくは、このふたりのことが気になって仕方なくなるかもしれません」(池内)。

「屈折した役の多かった自分にとって、等身大の人を演じるのは難しいことですけど、ただのダメ男ではないトムの純粋さを大切に演じたいですね」と池内が語れば、「強い個性のないエイミィをいかに魅力的に演じられるか。トムが振り向くような女性になれば」と中越も意欲を口にする。栗山が「匂いを失った俳優には太刀打ちできない作品。池内さんと中越さんには、ヨーロッパの自由な香りというか、野性が感じられる」と製作発表で語っていたとおり、ふたりが果たす役割はきわめて大きい。普通と見えて新しい、企みに満ちた舞台が期待される。

公演は、東京・シアタークリエにて8月16日(金)から26日(月)まで。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング