【TDL】炎天下、長時間待たずに夏のディズニーランドを楽しむコツ

2013.7.27 10:30

今夏の注目スポットの一つ「30周年の東京ディズニーリゾート」。今回は、夏のディズニーで外せない大放水ショー『爽涼鼓舞』の徹底解説や、暑さ・熱中症対策に、涼しく楽しむコツをレポートしたいと思います。

(C)Disney

いよいよ夏休みですね。レジャーの計画は立てましたか? 今夏は注目スポットの一つとして、30周年の東京ディズニーリゾートが挙げられているそうです。さっそく我が家でも、「ディズニー夏祭り」を開催中のディズニーランドへ遊びに行ってきました。

夏のディズニーで外せないのが大放水ショー『爽涼鼓舞』。熱い夏祭りをモチーフにした、ミッキーたちによるダンスコンテストです。全席指定の入れ替え制で、抽選システムから徹底解説します。もう一つ、真夏に大切なのが暑さ・熱中症対策。クールに楽しむコツを含め、レポートしたいと思います。
 

入園。まずは爽涼鼓舞の抽選へ!

(C)Disney

この日、東京ディズニーランドへ到着したのは朝7:00でした。8:00の開園まで1時間ほど待ちます。お目当ては大放水ショー『爽涼鼓舞』。こどもたちは応援グッズを装着し、準備は万端。すでにたくさんの人が入園待ち列を作っています。

 

※抽選会場はスペースマウンテンのすぐ横。朝一番からこの混雑。この程度の列ならまだ15分前後で抽選ができる  (C)Disney

 

※抽選会場の中の様子。人でぎっしり。通ってもなかなか当選しないケースもあるせいか、当選者からは歓声があがっていた  (C)Disney

『爽涼鼓舞』は、昼の1回目公演を除くすべての公演が抽選です。ではなぜ朝から並ぶ必要があるのかというと、実は抽選のために並ぶ時間を短くするためです。この日は比較的空いていましたが、それでも日中の抽選の待ち時間は60分前後で推移していました。本末転倒な気もしますが、抽選のために長時間並ぶ必要が出てきてしまうんです。

ところが、開園してすぐに向かえば、15分前後で抽選ができます。近くにある『モンスターズインク』や『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』『スペースマウンテン』『スターツアーズ』などのファストパス発券に寄り道をしても、20~30分で抽選できるはず。夏イベント中は、開園してアトラクションに並ぶのではなく、まず抽選がおすすめです。

爽涼鼓舞は、昼の “THE EMBU" と、夜の “THE FINAL” の二部制。抽選は昼と夜で各一回ずつ(計2回)できます。

昼の “THE EMBU" では公演回ごとに出場チームが異なります。何回目の公演の抽選をするのか、事前に決めておくといいですね。

■1回目~リズミックラテンビート~featuring クラリス/ラテン
登場キャラ:チップ&デール、クラリス、ホセ・キャリオカ、パンチート

■2回目~スパークールファミリー/ストリートダンス
登場キャラ:グーフィー、マックス

■3回目~スパークリング・サマースターズ/ポップス
登場キャラ:ミニーマウス、デイジーダック

■4回目~お祭りファイアーズ/ロック
登場キャラ:ドナルドダック

 

※見事に当選。全席指定席なので、当選しさえすれば並ばずに『爽涼鼓舞』が観られる (C)Disney

抽選結果は……なんとお昼の公演“THE EMBU”、夜の公演“THE FINAL”ともに当選! これ、運が悪ければ10回連続で外れてもおかしくないので、ものすごく運がいいです。幸先の良いスタート!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント