舞台『Like A』ゲネプロより  撮影:鏡田伸幸 (C)2018LikeA/CLIE 舞台『Like A』ゲネプロより  撮影:鏡田伸幸 (C)2018LikeA/CLIE

演出・脚本を三浦 香、脚本を伊勢直弘、振付を當間里美、楽曲制作をAsu(BMIInc.)という『Club SLAZY』シリーズの布陣で贈る完全新作オリジナル舞台『Like A(ライカ)』が2月3日に開幕。それに先駆け公開ゲネプロが行われた。

舞台『Like A(ライカ)』チケット情報

物語の舞台は、海沿いの静かな街High-Tide<ハイタイド>に立つ高級ホテル『PERMANENT(ペルマネント)』。そこで働くホテルマンたちは、一歩裏に入るとさまざまな想いが渦巻いている。ある日、そんな彼らのもとに、ライバルでもある豪華客船型ホテルROXANE<ロクザン>が沈没したというニュースが飛び込んでくる。そしてハイタイドの海辺でボロボロになった男がひとり…。ロクザンのバッチをつけ記憶を失った男との遭遇が、ペルマネントの日常を揺り動かす――。

伏線が張り巡らされ、謎が謎を呼ぶ世界。ふたつの板が回転し、座席によって物語の見え方も変わる不思議なセット。ひとりひとりのキャラクターは濃厚だが、観客にとって不思議な状況でも彼らにとっての日常を説明する者はおらず、会話の中でポツリポツリとこぼれる何かのヒントを拾い集めるのが、本シリーズのたのしみ方のひとつだ。そんなミステリアスな世界観をより濃厚に立ち上げるのが歌とダンス。書き下ろされた全14曲は1曲1曲が印象的で、実にさまざまなテイストが揃う。また出演者も、グランドミュージカル作品でも活躍する内藤大希ら俳優陣をはじめ、ダンスボーカルグループBeat Buddy Boiに所属するSHUNや、ソロ・ヴォーカリストコンテスト番組で優勝した中谷優心ら音楽に特化した面々がズラリ。平牧 仁は舞台上でピアノの生演奏も披露するなど、とにかくすべてが濃厚な作品となっている。

ゲネプロ後の取材では、辻 凌志朗(「辻」は一点しんにょう)が「僕はホテルの、お客様がいろんな思いを持って来て、素敵な時間を過ごして、帰っていく感じが好き。皆さんにもいろんなものを持って帰ってほしい」、内藤大希が「とにかくパワーがすごいので、それを毎公演お届けできるようにやっていきたい」、平牧 仁が「アーティストが集まるとこんな爆発力があるんだなと、楽しんできました」、石賀和輝が「お客様がどのような反応で、どのような作品だと感じていただけるか楽しみ」、SHUNが「才能あふれる方々と一緒にひとつの作品をつくれました」、高崎俊吾が「素敵な世界観を伝えられるように頑張ります」、岩 義人が「新しいエンターテインメントになれるよう頑張っていきます」、中谷優心が「この場に立ててることが本当にしあわせ」、橋本有一郎が「『Like A』という物語のスタートを無事に迎えられてとても嬉しい」、今井 稜が「楽しんでいただけるように最後まであがき続けます」と述べた。

公演は2月12日(月・祝)まで東京・新宿FACEにて上演中。

取材・文:中川實穗

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます