「mijica」デビューイベントに登場した藤本美貴さん

ゆうちょ銀行および日本郵便は2月1日、「ゆうちょのプリペイドカード『mijica(ミヂカ)』札幌市版デビューイベント」を、サッポロファクトリー アトリウム(北海道札幌市)で開催し、北海道出身のタレント・藤本美貴さんがテープカットやトークセッションを行った。

藤本美貴さんは、札幌市での地域限定版「mijica」発行を記念したテープカットを行ったほか、フォトセッションでは「mijica」のイメージキャラクターである「みじか」くんと共演。

北海道は久しぶりという藤本さんは、「やっぱり雪はいいな~と思いました。子どもたちを連れて雪遊びに行きたい」とその印象を語るとともに、トークセッションでは「(5歳の長男は)近所のパン屋さんにはひとりでお買い物に行けます。初めてのおつかいは尾行しました。ドキドキしながら見守りましたが、なぜかずーっと走ってましたね。何か怖かったのかな?」というエピソードも披露した。

夫である庄司さんについては、「お小遣い制にはしていないので、何にお金を使っているのかは全く知らない」と語る一方で、「趣味の靴コレクションがどんどん増えていくので、利用お知らせメール機能やロック機能がある『mijica』で制限したほうがいいかもしれないですね!」と、不敵な笑みを浮かべている。

バレンタインについては、「毎年チョコを手づくりしているので、今年も子どもたちと一緒につくる予定。もう今日から2月なので、そろそろ準備しないとですね」と話した。

そのほか、「mijica」についての○×クイズも行われ、藤本さんが「みじか」くんに「『みじか』くんが間違えたら、イメージキャラクター変更もあるんじゃないですか?」とプレッシャーをかけるシーンも。さらに、最後の1問を「みじか」くんが間違えると、「『mijica』のイメージキャラクターは今日から私がやります!」と宣言し、会場を笑わせた。

イベントの最後には、「『mijica』の便利さに感動しています。安心で使いやすいというのは、子どもも大人もママたちも、人それぞれの使い方ができて素晴らしい。すぐに作れるので、みなさんもぜひ使ってみてください!」とメッセージを送っている。

イベント終了後は、会場で「mijica」の申し込み受け付けを行い、先着5名には「ミキティトートバッグ」がプレゼントされた。札幌市内の「mijica」取扱郵便局、ゆうちょ銀行窓口では、ゆうちょキャッシュカードとメールアドレスがあれば、その場ですぐにカードを発行することが可能で、ウェブサイトでの申し込みも受け付けている。

「mijica」は、事前チャージ型のプリペイドカードで、世界のVisa加盟店やオンラインショップで使える。チャージ残高や利用明細の確認、各種チャージなどは、ウェブサイトやスマートフォンアプリで実行可能で、「mijica」間でのチャージ残高の送金にも対応している。また、利用金額に応じてクレディセゾンの「永久不滅ポイント」が付与される(税込2000円で1ポイント)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます