「ちょっと奮発」満島ひかり、和装で『夏の終り』舞台あいさつ

2013.9.1 11:7配信
(左から)熊切和嘉監督、小林薫、満島ひかり、綾野剛

瀬戸内寂聴のベストセラー小説を映画化する『夏の終り』の初日舞台あいさつが31日、都内で行われ、主演を務める満島ひかり、綾野剛、小林薫、メガホンをとった熊切和嘉監督が登壇した。

本作は、瀬戸内寂聴が出家前に執筆した小説を『海炭市叙景』の熊切監督が映画化したセンセーショナルな愛の物語。妻子ある年上の作家と、年下の男性との三角関係に悩む主人公・知子の苦悩が描かれる。ふたりの男の間で揺れる主人公を演じた満島は「恥ずかしい思いが残っていて、正直見られたくないですね。新人さんの気持ちでやっていた現場でした」と振り返り、この日披露した艶やかな和装に「ちょっと奮発しました。私が買ったわけじゃないんですけど(笑)」と話していた。

そんな満島と対峙し、濃密な男女関係を表現した綾野は「一緒にディープなところまで陶酔していった現場。だから記憶もあいまいですが、今思うと現場は、“ぐちゃ”って感じでしたね」とコメント。熊切監督と初タッグを組んだ本作は「わかりやすい内容ではないかもしれないが、いい意味で整頓された作品」だと語った。

一方、ベテラン俳優の小林は「現場で休憩用に用意されたパイプ椅子で、腰が痛くなった」と恨み節で、満島らは大笑い。「低予算だからなのか…、詳しいことは監督に聞かないと(笑)」と熊切監督に詰め寄り、舞台あいさつを盛り上げていた。兵庫県・淡路島を中心にロケが行われた本作。熊切監督は「満島さんが『私、台風女なんです』と言っていて、その言葉通り、2度も台風に見舞われた。設定を雨に変えたシーンもある」と明かしていた。

『夏の終り』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング