エプソンは、iPhoneやiPadと「オフィリオプロジェクター」を無線LANで接続し、データ転送や投写ができるアプリ「Epson iProjection」を、2012年1月5日に提供する。App Storeから無償でダウンロードできる。

iPhoneやiPad、iPod touchに入っている資料や写真などを、無線LAN環境に接続した「オフィリオプロジェクター」に転送するアプリ。最新機種を含め30機種が対応し、プロジェクターのリモコン操作で映像ソースの切替えや音量調節などができる。

無線LAN接続は、インフラストラクチャモードとアドホックモードに対応し、外出先でも簡単に使える。ドキュメント転送はMicrosoftのWord、Excel、PowerPoint、Keynote、PDFに、画像転送はJPEG、PNG形式に対応する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます