パナソニック、BDレコーダーのプレミアムモデル「DMR-BZT9600」、4K/24pアップコンバート対応の4機種も

2013.9.25 20:39配信

パナソニックは、HDD搭載ハイビジョンBD(ブルーレイディスク)レコーダー「DIGA(ディーガ)」の新製品として、4K/60p/36ビットアップコンバート出力対応のプレミアムモデル「DMR-BZT9600」を11月20日に、4K/24pアップコンバート対応の「DMR-BZT860」「DMR-BZT760」「DMR-BWT660」「DMR-BWT560」4機種を10月20日に発売する。

独自のビット拡張データを追加記録することによって、対応BDをスタジオマスターと同等の質感豊かな36ビット高階調映像で視聴できる「マスターグレードビデオコーディング(MGVC)」に対応。別売の防水対応ワイヤレスモニタ「ディーガモニター」(UN-DM15C1、UN-DM10C1)と無線接続すれば、「ディーガ」で受信した地上デジタル放送、BS/110度CS放送や「ディーガ」内に録りためた録画番組を、家のなかの好きな場所に持ち運んで楽しめる。

「DMR-BZT9600」は、世界で初めて最新のHDMI2.0規格に準拠した4K/60p/36ビットアップコンバート出力に対応。1秒あたり60コマのビデオ映像素材に対応し、ハイビジョン放送、録画番組、市販ブルーレイやDVDディスクなど幅広い映像素材を鮮明な4K/60p/36ビット映像へアップコンバート出力できる。また、「MGVC」対応BDのアップコンバート出力もできる。

4K対応システムLSI「新ユニフィエ」の進化によって、独自のアップコンバート処理性能をさらに向上。ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号を生成する演算処理性能を従来機種「DMR-BZT9300」の約1.3倍に向上し、さらに鮮明な4Kアップコンバート映像を実現した。

ハイビジョン放送の映画番組は、4K/24pへのアップコンバートに加えて、4K/30pへのアップコンバート出力に対応。30pカメラで撮影したドラマやドキュメンタリー番組などを鮮明な4K映像にアップコンバートして楽しめる。また、1080/60iで収録した市販BDソフトも4K/24p、4K/30pへ変換出力できる。

このほか、電源回路の強化、HDMI低クロックジッターシステムの進化や系統HDMI出力の搭載、インテリジェントローノイズシステムの進化、192kHz/24ビット(FLAC/WAV)への対応、高剛性&低重心きょう体の採用、高音質パーツの使用、192kHzリマスター、192kHz真空管サウンドの実現など、さまざまなこだわりの高音質設計を採用した。

HDD容量は3TBで、デジタルチューナー×3基を搭載する。サイズは幅438.0×高さ77.0×奥行き239.0mmで、重さは約7.7kg。価格はオープンで、実勢価格は40万円前後の見込み。

「DMR-BZT860」「DMR-BZT760」「DMR-BWT660」「DMR-BWT560」は、4K対応システムLSI「新ユニフィエ」によって、独自の「4Kダイレクトクロマアップコンバート方式」を実現する。

ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号にアップコンバートすることで、鮮度が高く、自然な質感と立体感に溢れた映像を再生する。また、市販BDタイトルの24p素材や、ハイビジョン放送などの映画素材も4K/24pへアップコンバート出力できる。

新「おまかせ録画」で、放送種別、カテゴリ、サブカテゴリ、フリーワード、人名など、さまざまな条件を自由に組み合わせて詳細に絞込むことができる。フリーワードの指定については、複数キーワード、除外キーワードの設定ができる。

録画した番組は、設定条件を選択すると、その条件でおまかせ録画した番組の一覧を表示するので、そこから番組を再生できる。新たにおまかせ録画を行った場合は、録画条件の一覧に通知を表示する。また、おまかせ録画した番組は、録画してから10日後または20日後に自動消去できる。なお、残しておきたい番組は、プロテクトの設定によって保護できる。

このほか、保存した写真をお気に入りのBGMに乗せてスライドショー再生する「おもいでボタン」や、「動くアルバムメーカー」「おまかせクリップ」など、家族で写真や動画の編集を楽しめる機能を備える。

「DMR-BZT860」はHDD容量が3TBで、デジタルチューナー3基を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

「DMR-BZT760」はHDD容量が2TBで、デジタルチューナー3基を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

「DMR-BWT660」はHDD容量が1TBで、デジタルチューナー2基を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後の見込み。

「DMR-BWT560」はHDD容量が500GBで、デジタルチューナー2基を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は6万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング