療養中の星野源、『地獄でなぜ悪い』初日舞台あいさつに“手紙”で参加

2013.9.30 12:40配信
(左から)園子温監督、二階堂ふみ、堤真一、國村隼、長谷川博己、友近

園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』の初日舞台あいさつが28日、新宿バルト9で行われ、園監督をはじめ、主演の國村隼、堤真一、長谷川博己、二階堂ふみ、友近が登壇した。

その他の写真

舞台あいさつでは本作に出演し、現在は療養のため活動休止中の星野源から「皆様にお会いするにはもう少し時間が掛かりそうなので、自宅で初日の成功を祈るばかり」と記した手紙が届き、一同が感激する場面もあった。映画は國村演じるヤクザの組長が、娘のミツコ(二階堂)を主演にした映画製作を決意したことで巻き起こる騒動を描くアクション活劇。星野は映画製作に巻き込まれる、通りすがりの青年を演じるほか、本作のエンディングテーマ曲「地獄でなぜ悪い」を提供している。

園監督は、星野をキャスティングした経緯を「下北沢のヴィレッジヴァンガードで、彼のポスターを貼っていた女の子の店員に『彼、イケているの?』って聞いたら、ハイって言うもんだから(笑)」と明かし、「ずいぶん安易な理由だったが、今では熱い友情で結ばれている」とコメント。手紙を寄せた星野に対しては「昨日もメールでやり取りし、非常に元気だったのでホッとしている。早く外に出てきて、また一緒に組んで(映画を)やってくれれば」とエールをおくっていた。

本作はカナダで開催された第38回トロント国際映画祭にてミッドナイト・マッドネス部門の「観客賞」を受賞しており、この日は現地から届いた表彰状がお披露目された。園監督自身も「この賞はハリウッドに一番近い、エンタメ映画の最前線で競い合うものなので、内心、一番欲しかった賞。完全に勝負に勝った感じ。僕よりもこの映画自身が喜んでいると思います」と感激しきりだった。

『地獄でなぜ悪い』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング