オダギリジョー「見どころ書かなくて結構」主演作を自信のアピール

2011.12.20 11:15配信
映画『マイウェイ…』完成報告会見の模様

数奇な運命を背負った男の実話を映画化した超大作『マイウェイ 12,000キロの真実』の完成報告会見が19日に都内で開催され、主演のオダギリジョー、チャン・ドンゴン、共演するファン・ビンビンとカン・ジェギュ監督が出席した。見どころを問われたオダギリは「そういう質問が一番困る。韓国はもちろん、日本でヒットしなければ、監督は喜べないし、とにかく観てくれとしか言えない。見どころは書かなくて結構です」と自信のアピール。ドンゴンも「その通りです」と日本語で答え、オダギリの熱い想いを後押しした。

その他の写真

1944年、ノルマンディー上陸作戦の終了後、ドイツ軍捕虜の中にひとり発見された東洋人が語りだした驚きの真実。男は日本、ソ連、ドイツの3カ国の軍服を着て戦い、何度も捕虜になりながらも1万2000キロを生き抜いていた。戦争によって引き裂かれた男たちの友情と宿命を韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じ、ダイナミックに描ききる。

オダギリは、マラソン選手になる夢を捨て、軍人として冷酷に生きる道を選ぶ辰雄役で、ドイツ語とロシア語も披露。一方、ドンゴンはオリンピック出場の夢をあきらめず、長い旅路を生き抜く辰雄の幼なじみ・ジュンシクを演じ、こちらは半分以上の台詞が日本語だった。辰雄とジュンシク、ふたりの熱き友情が大きなテーマになっている。

壮絶な戦場を舞台に、オダギリは文字通り“体当たり”の演技に挑んでおり「きつかったし、経験したことがない規模。想像をはるかに絶するひどい現場でした(笑)」。一方のドンゴンは、戦争大作『ブラザーフッド』でジェギュ監督とタッグを組んでいるが「当時の経験はまったく役に立ちませんでした。それほどスケールが大きな作品なのです。一番の苦労は寒さ。極寒の中、軍服一枚での演技は本当に骨身に染みました」と振り返る。また、日本軍への復讐を誓うスナイパー役のビンビンも、「女性扱いしてくれない現場でした」と思わず苦笑。それでも「戦争ドラマの中に、人間同士の愛と触れ合い、互いを思い合う心が描かれている」とPRした。

『ブラザーフッド』以来7年ぶりにメガホンをとったジェギュ監督は、「完成までに4年を費やし、私自身もベストを尽くした作品。日韓中の映画の発展に寄与し、相互理解のきっかけになれば」と真摯にコメント。オダギリとドンゴンについて「繊細で丁寧なお芝居ができる方」「ジュンシクの感情と眼差しを表現できるのは彼だけ」とそれぞれ評し、「ふたりが揃うシーンは、男性の自分にとっても魅力的に見える。きっと女性ファンにも楽しんでいただけるはず」と男性向けと捉われがちな本作を、女性にも見てほしいと訴えた。

『マイウェイ 12,000キロの真実』
2012年1月14日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング