JVCケンウッド、4K対応のホームシアタープロジェクター「DLA-X700R」、エントリモデル「DLA-X500R」も

2013.10.25 18:35配信
DLA-X700R

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、4K(解像度3840×2160)対応の家庭用「D-ILA」プロジェクターの新製品として、高画質モデル「DLA-X700R」とエントリモデル「DLA-X500R」を12月上旬に発売する。「DLA-X700R」の価格は84万円。「DLA-X500R」の価格はオープンで、実勢価格は49万8000円前後の見込み。

独自開発の新「D-ILA」デバイスを搭載。画素間の狭ギャップ化や平坦化によって高輝度・高コントラストを実現し、4K映像の再現に適した格子の目立たない緻密な映像を表現する。

独自の「e-shift」テクノロジーで、一つの画素を斜めに0.5画素シフトすることで解像度を倍増して4K映像を実現。また、4K入力の対応や新「D-ILA」デバイスとの組み合わせによって、「e-shift」デバイスの駆動を最適化した「e-shift 3テクノロジー」で精細感を一段と向上している。

さまざまな映像シーンに最適な高精細映像を再現する独自の映像処理技術「Multiple Pixel Control」や、動画映像を滑らかで鮮明に再現できる残像低減技術「クリア・モーション・ドライブ3」、光学センサを利用して設置条件に応じてキャリブレーションを自動で行う「オートキャリブレーション機能」を搭載する。

3D映像の投影機能では、面一括駆動方式によって左右の映像のクロストークを抑える。新「D-ILA」デバイス採用の光学エンジンが3D映像をより明るくし、「クリア・モーション・ドライブ3」の補間処理で、動きの速い映像でもちらつきの少ないよりクリアで迫力ある立体映像を楽しめる。

映像入力端子はHDMI×2を搭載する。サイズは幅455×高さ179×奥行き472mm。

「DLA-X700R」は、新「D-ILA」デバイスと、偏光性能を高めた新ワイヤーグリッド採用の光学エンジンによって、ネイティブコントラスト12万:1を実現。入力映像を独自のアルゴリズムで解析して黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」と、隣接する画素間の白にじみを鮮明にする「クリアブラック」で、ダイナミックコントラスト120万:1を実現している。

AV再生機器のクオリティチェックを行うTHXの「THX 3Dディスプレイ規格」を取得申請中。写真の標準色域「Adobe RGB」の幅広い色再現領域に対応し、デジタルカメラなどで撮影された高精細画像を微妙な質感や色彩を忠実に再現する「フォトモード」を搭載する。重さは15.0kg。

「DLA-X500R」は、ネイティブコントラスト6万:1、ダイナミックコントラスト60万:1のエントリモデル。重さは14.7kg。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング