博多の11月は、北島三郎公演と大相撲で盛り上がる!

2013.11.7 18:11配信
左から、大江裕、北島三郎、林与一、中田喜子 左から、大江裕、北島三郎、林与一、中田喜子

博多座で毎年恒例となっている『北島三郎特別公演』。今年も好評上演中だが、公演直前の10月25日に福岡市内で記者懇親会が行われた。会見には北島三郎をはじめ、共演の林与一、中田喜子、大江裕の他、応援として髙島宗一郎福岡市長、浅香山親方(元・大関、魁皇)らも顔を揃えた。

北島三郎特別公演 チケット情報

人情芝居と歌謡ショーの2本立てでお馴染みとなった本公演。今回の芝居は『伊那の勘太郎 信州ひとり旅』。2006年にも博多座で上演され好評を博した「親子の情愛」「絆」をテーマとした作品。「北海道の出身のはずなのに、博多にはつい『ただいま』と言いたくなる」と笑う北島三郎を筆頭に、本公演には3度めと出演、自ら「また、そろそろ出させてくださいよ」と売り込んだという林与一や、初出演となる中田喜子、歌でも大活躍の大江裕らとの共演で贈る。

第2部はヒットパレード『北島三郎、魂(こころ)の唄を・・・』と題した歌謡ショー。クライマックスの『北の漁場』では舞台上を漁船『北島丸』が激走。ラストの『北島まつり』での盛り上がりまで、ヒット曲満載で見逃せない演出がたくさんだ。

今年は、大相撲十一月場所と同時期上演ということで「大相撲と北島三郎、どちらも楽しんでいただければ」と、北島三郎、浅香山親方共にエールを贈り合う姿も。今年77歳を迎え、ケーキでお祝いされながら「これまで52年、芸の道を歩いて来ましたが、この道は完成のない道。もう少し歩いていけるかな。歩いていかなきゃならないかな、という気持ちで、恩返しの気持ちで舞台を日々頑張っていってます」と笑顔で語った。

公演は、12月1日(日)まで福岡・博多座で開催中。大相撲十一月場所は11月10日(日)より、福岡・国際センターで開催。チケットは共に発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング