彼女にくだる“裁き”とは? 『キャリー』本編映像公開

2013.11.8 12:35配信
『キャリー』

スティーブン・キングの人気小説を、クロエ・グレース・モレッツを主演に迎えて再映画化した『キャリー』が本日、日本公開初日を迎え、本編映像の一部が公開された。

本編映像の一部

本作は、地味で内気な少女キャリーの悲劇を描いた青春ホラー。学校にも家庭にも居場所のないキャリーの抑圧されてきた怒りが爆発するときに巻き起こる惨劇を、ショッキングな表現で描き出す。本作は、1976年にブライアン・デ・パルマ監督によって映画され人気を集めたが、このたび『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアースが監督を、モレッツがキャリー役を務めて37年ぶりに再映画化。製作陣によると今回の映画化はキングの原作により忠実に作られているという。

このほど公開されたのは、キャリーが卒業ダンスパーティの“プロム”に出かけようとする場面。彼女は学校でいじめられていて、恋人はおろか友達すらいないが、なぜかスポーツマンのトミーにプロムに誘われる。それまで内気だった自分を変えるべくキャリーはプロムに行くことを決意し、自身でドレスを用意して準備するが、母マーガレットは彼女を止め、ついには娘に向かって「悪魔。裁きが下るわ」と言い放つ。しかし“特別な力”を手にしたキャリーは母をクローゼットに閉じ込め、プロムに出かけていく。ちなみに、母マーガレットの予言はこの後、キャリーが予想もしなかった形で現実のものとなる。

キングの小説『キャリー』は、かつてブライアン・デ・パルマ監督が、シシー・スペイセクを主演に迎えて映画化し、主人公キャリーはホラー映画、青春映画の重要なキャラクターとしてファンの間で語り継がれてきた。再映画化では『キック・アス』や『ヒューゴの不思議な発明』のモレッツがキャリーを演じており、彼女がどのように伝説のヒロインをスクリーンによみがえらせているのか気になるところだ。

『キャリー』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング