北川景子&深田恭子『ルームメイト』封切りをお祝い

2013.11.9 17:33配信
(左から)古澤健監督、深田恭子、北川景子、高良健吾

北川景子と深田恭子が初共演したミステリー『ルームメイト』の初日舞台あいさつが9日、東京・有楽町の丸の内TOEIで行われ、北川と深田に加えて、共演する高良健吾、古澤健監督が登壇。ヒロインが抱える“二面性”にちなみ、赤と青の二層になった特製カクテル“ルームメイト”を手に、来場者と映画の封切りを祝った。

その他の写真

ミステリー作家・今邑彩氏の同名小説を『オトシモノ』『Another アナザー』の古澤監督が映画化。入院をきっかけに、看護師の麗子(深田)と意気投合し“ルームシェア”を始めた派遣社員の春海(北川)は、麗子の奇妙な行動を目にして以来、次々と不可解な事件に巻き込まれていく。

北川は「脚本を読み始めたら、引き込まれ、ドキドキが止まらなかった。このスリルをちゃんと映画に具現化できるのか心配だったが、私自身も『暴れてやろう』という気持ちで、メイクの崩れや衣装の乱れも気にしなかった。いい映画になったし、初挑戦を楽しむことができた」と誇らしげな表情。一方、深田は「景子ちゃんを平手打ちしたり、蹴ったりしなければいけないので、カットがかかるたびに『大丈夫?』と心配になってしまった。でも『全然大丈夫。もっとやって』と言ってくれた」と初共演に確かな手応えを示した。

そんな女優二人のやりとりに、高良は「本番ではバチバチなのに、終わるととても仲が良さそうで…。やっぱ、女性は怖いなと思いました」とコメント。「春海さんと麗子さんの関係性は確かに怖いんですけど、観終わると切なさが残る。いろんな計算がされた映画なので、2度、3度と観てもらえれば」とアピールした。また、古澤監督は「一丸となって『驚かせよう』と頑張った作品。出演者の皆さんにも、撮影を楽しんでもらえて良かった」と封切りに感無量の面持ちだった。

『ルームメイト』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング