カンヌ映画祭で高評価『ネブラスカ』が日本公開決定

2013.11.11 10:34配信
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督の最新作『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』が来年2月に日本公開されることが決定した。

本作の主人公は頑固者の父ウディとその息子デイビッドだ。「モンタナ州のウッドロウ・T・グラント様。我々は貴殿に100万ドルをお支払い致します」というどう見てもインチキな通知書をすっかり信じてしまい、ネブラスカまで賞金をとりに行くと言ってきかない父と、しょうがなく父を車に乗せた息子は長い旅に出ることに。やがて、デイビッドは途中で立ち寄ったウディの故郷で、両親の“過去”に出会う。

ペイン監督は、巧みなセリフ運びと強烈なキャラクター描写、皮肉がきいた展開、そして観る者を感動させるドラマづくりで映画ファン、批評家から絶大な信頼を集めている。本作では人間味あふれる登場人物たちが、人生と向き合って、家族の絆を取り戻していく作品で、ウディを演じたブルース・ダーンは本年度のカンヌ映画祭で男優賞を受賞している。

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
2014年2月、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング