台詞を使わず身体表現とヒット曲で物語を紡ぐエンタテインメント集団「梅棒」の最新作8th SHOW『Shuttered Guy(シャッターガイ)』のプレビュー公演が3月28日(水)に開幕する。その稽古場に潜入した。

【チケット情報はこちら】

「踊りは気持ちだ!」をコンセプトに、ストーリー性のある演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPでつくりあげる梅棒。笑いと感動が一気に味わえるステージはエンタテインメント界でも注目度が高く、劇団☆新感線のいのうえひでのりやプロフィギュアスケーターの鈴木明子らも絶賛。今作は過去最大スケールで全国4都市5会場でのツアーとなる。

その最新作『Shuttered Guy』は、寂れかけた商店街で巻き起こる家族や町の人との絆を描く“ドタバタ・ハートウォーミング・ホームコメディ”。出演者は梅棒メンバーに加え、俳優の大久保祥太郎や、アクション女優の佃井皆美、「本能寺の変」でお馴染みエグスプロージョンのまちゃあき、アップアップガールズ(仮)の古川小夏ら幅広いジャンルから集う。

稽古場では、作・総合演出を務める梅棒のリーダー・伊藤今人が、10人以上で踊るシーンの微調整を行っていた。ダンスとしては既に揃っているように見えたが、伊藤は目線の持っていき方や間(ま)などを細かく細かく詰めていく。これによって梅棒ならではの、楽しいだけでなく感動するステージに研ぎ澄まされていくのだと感じた。

また、複数人が登場する舞台上でも、台詞があれば話している人に自然と視線が集まるが、梅棒の“ダンス×演劇×J-POP”という表現では、演出によって視線を集める必要がある。稽古場ではそのアイデアをキャストが提示することも。梅棒メンバーだけでなく、ダンサー、俳優みんなでアイデアを出し合い、各ジャンルの知恵がひとつの動きに集結するのはこのカンパニーの魅力だ。とはいえメイン以外のメンバーも魅力的な動きをしているのでそこもぜひ注目して。

次にキャストの前に立ったのは梅棒の鶴野輝一。梅棒では、曲ごとに振付と演出をメンバーで振り分けている。鶴野はまずキャストに「この場面はこういう雰囲気」と話し、キャストはそれを理解した動きをみせる。身体能力と表現力がものをいう瞬間だ。ほんの20秒ほどのシーンを何度も繰り返し、ときに爆笑しながら、ときにディスカッションしながらシーンをつくっていく時間は誰もが楽しそう。その間、メンバーが「自分もこのダンスに参加したい!」と伊藤に訴えていたり、そのシーンでは出番のない梅棒の遠山晶司と田中穂先(柿喰う客)も、別のシーンの振りを入念に確認していたり、梅棒作品同様、賑やかで熱量の高い現場。幕が開くのを楽しみに待ちたい。

公演は3月28日(水)・29日(木)に東京・シアター1010にてプレビュー公演上演後、愛知、大阪、福岡、東京凱旋公演を巡演。

取材・文:中川實穂

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます