『ゼロ・グラビティ』の裏側に迫った特別映像公開

2013.11.29 10:5配信
『ゼロ・グラビティ』(C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが共演する映画『ゼロ・グラビティ』の特別映像が公開された。評論家や映画ファンから絶賛を集める驚異の3D映像はいかにして生まれたのか? アルフォンソ・キュアロン監督らスタッフ・キャストの証言を集めた映像だ。

『ゼロ・グラビティ』特別映像

本作は地上から600キロメートル上空で突発的な事故に遭遇し、無重力(ゼロ・グラビティ)空間に放り出されたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(クルーニー)が地球との交信手段も絶たれ、酸素残量が2時間になってしまった状態から生還を試みる姿を描く。

『アバター』の登場以来、多くのデジタル3D映画が登場したが、映画ファンを心底納得させ、驚かせる映画ばかりだったとはいい難い。しかし、本作はすでに公開されている国々で3D映像のクオリティが高い評価を受け、国内で行われた関係者試写では「3D映画を次のステージ進めた映画」などのコメントが寄せられているという。このほど公開された特別映像でキュアロン監督は「3Dで大事なのは圧倒的な多角性だ。ハッタリのために3Dを使ったんじゃない。あくまでもリアルに、だが盛り上がるシーンは少し強調をして描いた。サウンドと音楽と映像が観客を引きずり込むんだ。現実に起きていることのように、(観客は)この危険な宇宙の旅に放り込まれる」と語る。

キュアロン監督はこれまでも、計算し尽くされた演出と、画面に目が釘付けになる驚異的な長回しショットで観客を魅了してきたが、本作では映像的な美学を守りながら、3Dメガネをかけた観客がまるで宇宙を浮遊しているような映像を作り出すことに成功したという。劇場のイスに座ったままで、重力のない、地面もない宇宙空間にいる気持ちを本当に味わうことができるのか? 特別映像ではサンドラ・ブロックがひと足早く映画を観た感想について熱く語っている。

『ゼロ・グラビティ』
12月13日(金) 全国ロードショー
※3D/2D同時公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング