2013年、最も興行成績を上げたのは?

2013.12.20 15:54配信

「Forbes」誌が、2013年に最も多くの世界興行成績を稼いだスターのリストを発表した。1位はドウェイン・ジョンソン。『ワイルド・スピード EURO MISSION』と『G.I.ジョー バック2リベンジ』など4作品で13億ドルを売り上げた。

2位は『アイアンマン3』のロバート・ダウニー・Jr.(12億ドル)。3位のスティーヴ・カレル(9億6400万ドル)は、『怪盗グルーのミニオン危機一髪』で声の出演を務めたことが大きい。4位以降は、ヴィン・ディーゼル(8億8700万ドル)、サンドラ・ブロック(8億6200万ドル)、ポール・ウォーカー(7億8900万ドル)、ビリー・クリスタル(7億4300万ドル)、ジョン・グッドマン(7億4300万ドル)、クリス・ヘムズワース(7億100万ドル)、ジェニファー・ローレンス(7億ドル)。クリスタルとグッドマンは大ヒットアニメ『モンスターズ・ユニバーシティ』に声の出演をしている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング