cali≠gari&ベッド・イン

3月21日、東京・新宿BLAZE

にてcali≠gari VS ベッド・イン 「ワンナイトでちゃう?」が開催された。本サイトで先んじて公開されていたcali≠gariのギタリスト・桜井青とベッド・インの鼎談でもさっそく意気投合していた両者。その雰囲気(ベッド・イン風にいうと「イキフン」)は読者の方にも伝わっているだろう。しかも眠らない街歌舞伎町が舞台、これは盛り上がらないはずがない。

当日の新宿BLAZEはソールドアウト、まさに「マン員御礼」といった具合。場内に流れるのはLUNA SEA『GOD BLESS YOU 〜One Night Déjàvu〜』のライブ盤…… 、『One Night Déjàvu』……「ワンナイトでちゃう?」のダジャレじゃないですか! どこまでも芸が細かいツーマンGIGの火蓋が切って落とされようとしていた。

ベッド・イン

ベッド・イン 益子寺かおり(Vo)

先攻はベッド・イン。バブリーなSEに合わせて勢いよく登場する益子寺かおり(Vo)、中尊寺まい(Vo,G)。1曲目の『♂×♀×ポーカーゲーム』でツカミはオッケー。

満杯キツキツのフロアを前にして、「やまだかつてない熱帯夜」「ちゃんまいのマン●●は……アッッハ〜〜ン(※3回繰り返し)キッツキッツなんですけどね」「かおりの下半身のポケベルも鳴りっ……ぱなし!」など序盤からギロッポンから持ってきたという”バブルジョーク”で会場をドッカンドッカン笑いの渦に巻き込んでいく。

ベッド・イン 中尊寺まい(Vo,G)

オバンギャ(※オールドスクールバンギャの略)を自称するベッド・インのふたりだけあって、「夢が叶ったね!」「”発狂ちゃんねる”しちゃうね〜」「今日はやまだかつてない”エロトピア”な夜にしちゃうんでシクヨローー!」とcali≠gariへのリスペクトをMCの随所に挟み込む芸の細かさ。

ベッド・イン

『CO・CO・RO グラデーション』の後に始まったのは特徴的なホイッスル音、cali≠gariの『マグロ』のイントロだ。突然のカバー披露に沸き立つフロア。かおりのハイトーンとまいの甘い声で歌われる『マグロ』も味わい深く、バックバンドであるパートタイムラバーズも交えたコーラスワークもバッチリ!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます