KDDIが社員の睡眠改善に向けた社内実証実験を実施

KDDIは4月16日、睡眠センシング技術と簡易評価アルゴリズムの開発を行うニューロスペースが提供する睡眠改善ソリューションを活用した実証実験を4月中旬に一部の社員を対象として実施すると発表した。

実証実験では4月中旬から数週間、KDDIの社員から募ったモニターを対象に睡眠計測デバイスと睡眠改善助言を提供するモバイルアプリ、ホームIoTサービス「au HOMEデバイス」のマルチセンサ01(温度・湿度・照度を計測可能)を配布。モニター対象者が自宅の寝具に設置した睡眠計測デバイスから得られる日々の睡眠データを解析すると同時に、「au HOME」デバイスの「赤外線リモコン」を通じて睡眠に適した温度・湿度・照度調整も行い、睡眠の改善に必要な助言を行う。KDDIでは実証実験を通じて、社員が自身の睡眠を見える化して日々の業務遂行に必要な生産性向上につなげることを促すことに加えて、「通信×睡眠」の有用性を実証してホームIoTサービスやヘルスケアサービスなどと組み合わせた新たなサービスの企画・開発を推進していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます