デートに使える絶景“工場夜景”スポット&撮影テクニック6

横浜市内で、工場夜景が綺麗なオススメ撮影スポットについて、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。デートにもOK!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
横浜市内で工場夜景が綺麗に見えて、写真撮影もできるオススメスポットを教えて!(クマぶーんさんのキニナル)

 

工場萌えの聖地といえば、浮島と扇島。ところがこの両者は川崎市。
扇島は一部横浜市鶴見区だけれど、ビューポイントは川崎市側に集中している。

残念ながら「はまれぽ」なので、川崎へ取材に行くワケにはいかない……。

横浜の臨海地区にも巨大な工場はいくつもある。しかし、近くで見学でき、全景を見ることのできる場所は少ない。
見るだけならば、工場夜景クルーズがあるけれど、揺れる船での撮影は困難。

高速道路湾岸線の本牧から磯子にかけてもなかなか見応えがあるけれど、なんといっても高速道路。
じっくり眺めて、写真を撮るのは不可能。

そこでその近辺で高台になっている場所を探して行ってみることにした。

 

本牧臨海公園

本牧にある市民プールの裏手に、「本牧臨海公園」がある。
ここはかなり急な高台になっていて、上の方に「八聖殿郷土資料館」がある。

市民プールとテニスコートの間を抜けるとスロープと階段があるので、そこを登っていく。

頂上近くはやや暗いが、一番上に藤棚があり、そこから高速道路を挟んで、豊浦町と千鳥町にある「新日本石油精製根岸製油所」を眺めることができる。

千鳥町の煙突から出ている炎は『フレアスタック』という余剰ガスを燃やして無害化するもの


工場がかなり近いので、蒸留などのための塔や張り巡らされたパイプなど、石油精製工場らしい細部を撮影できる。

ここは高速道路が手前にあるのも見どころのひとつ。
下に高速道路を入れて撮ると車が光の筋になり、未来的な雰囲気を感じさせる。

 

 
 
タンク越しの石油工場とガントリークレーン。残念なことにここには松が多い

豊浦町方面は、遠景にガントリークレーンが見える。
頂上のまわりには松が並んで生えていて、しかもフェンスや柵で囲まれているため、迫力ある工場夜景が遮られてしまう。

そこで、今度は昼間によさそうな場所を探してみることにした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング