宮藤官九郎の新作は「えげつなくて笑える話」

2014.2.6 20:40配信
前列左から、小池栄子、生瀬勝久、池田成志。後列左から、宮藤官九郎、河原雅彦、小松和重 前列左から、小池栄子、生瀬勝久、池田成志。後列左から、宮藤官九郎、河原雅彦、小松和重

生瀬勝久、池田成志、古田新太の3人による演劇ユニット「ねずみの三銃士」。彼らの第3回公演『万獣こわい』の製作発表が2月6日、都内で行われ、生瀬、池田をはじめ、キャストの小池栄子、夏帆、小松和重、そして過去2回の公演でも作・演出でコンビを組んだ、宮藤官九郎、河原雅彦が会見に顔を揃えた。

ねずみの三銃士『万獣こわい』

メンバーのひとり、古田はインフルエンザで急きょ欠席。生瀬がメッセージを読み上げ「インフルってしまいました。何だよ予防接種2発打ったのに、面目ない」と謝罪しながら「幸い高熱が出るわけでもなく、家でぼーっとしています。タミフルが効くことを願い、面白い作品を作るべく頑張ります。みんな、宣伝よろしく。インふるたエンザあらた」と近況を報告。生瀬は「来い!馬鹿」と一喝した。

舞台は、少女時代に8年間監禁され続けた女性トキヨ(夏帆)を巡る物語。事件の7年後、彼女は自分を救ってくれた命の恩人であるカフェのマスター(生瀬勝久)を訪ねて、店を手伝いたいと申し出る。温かく彼女を迎え入れたマスターとその妻(小池栄子)。だが、しばらくすると、トキヨの里親アヤセ(古田新太)が現れ、彼らの運命が少しづつ崩れ始める……。

宮藤は「3人はキャスティングまではすごく盛り上がるんですけど、キャスティングが決まると僕に丸投げという。古田さんの『とにかく、えげつないのがやりたい』という要望と、成志さんの『笑える話がやりたい』という希望と、生瀬さんの『俺はいい話が好きだ』という3つの希望を毎回かなえて、今回もかなえていこうと思っています」と話した。

対して生瀬は「宮藤くんは、そう言いましたが、過去2回の作品で僕が言った「いい話」は全然入っていないじゃないですか。今回もきっといい話ではないです。ですから、えげつなくて笑える話だと思っていただければと思います」とコメント。演出の河原も「今回は今までの中で一番、地方とか回らせていただくんですが、一番とんでもないものをもっていくことになるのでは。毎回丸くおさまらない、そういう仕事ができるのは自分にとっても大切」と話すように、今回も刺激的な舞台になりそうだ。

今回は長野、新潟、愛知、大阪、札幌、宮城、福岡、沖縄と地方公演が多いだけでなく、高校生以下向けの格安チケットも用意。生瀬は「若い方たちにたくさん見に来ていただけたら。演劇というのは映画やテレビドラマと違った魅力がある。もう50歳すぎたおっさんが、まだチャレンジしているところを、ぜひ見にきてください」と若者にアピールした。

3月15日(土)から4月8日(火)まで東京・PARCO劇場にて。その後全国を巡演。東京公演のチケット一般発売は2月8日(土)午前10時より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング