【スマホ】要注意! 体調不良を引き起こす“NGなスマホの使い方”5つ

いまや国民の約2人に1人は所有しているというスマートフォン。私たちの生活にとってなくてはならない物になりつつありますが、その使い方がさまざまな体調不良を引き起こしたり、恋人との関係にも影響をおよぼすことも…。今回はそんなスマホの「NGな使い方」についてお話しします。

株式会社博報堂が昨年11月29日~12月1日、高校~69歳の男女に「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」を行ったところ、スマートフォンの保有率は55.2%。国民の約2人に1人は所有していることが明らかになったそう。

そのうち20~29歳は82.0%、30~39歳でも64.0%と、若い世代を中心に実に高い保有率を誇るスマホの人気っぷり。北は北海道から南は九州まで、スマホの保有率に地域差がないことから、いまの私たちの生活にとってスマホがいかに無くてはならないものになっているかがわかりますね。

それだけにスマホの使い方にも、気をつけなければならない点がいくつも存在しますが、どういうわけか。これら“全国のスマホ保有率”と、“スマホ操作によって、体の不調を感じている人”の割合はほぼ同じ、という事実をご存知でしたか?

 

間違ったスマホの使い方をしているのは男性よりも女性の方が多い!?

インターワイヤード株式会社が男女7399人に行った「インターネットを利用した市場調査」で、“スマホの使い方と姿勢”についてこんな興味深い結果が発表されています。

詳しい調査データの結果を覗いてみると、スマホユーザーの41.1%は「1日に1時間以上」、スマホを使用していると回答。このなかには1日6時間以上、3~5時間以上の利用もざらで、同じ条件ながら一般の携帯電話は7.8%。この結果から見てもスマホユーザーがいかに長時間使用しているか、を伺い知ることができますよね。

それだけ長時間使用してれば、目や肩に支障をきたすのもムリはない気がしますが、さらに気になるのがユーザーによるスマホの使い方です。というのも、スマホを使うシチュエーションが「室内(照明が消えている・暗い)」と答えた男性が21.1%だったのに対して、女性は39.7%。女性の割合は実に約4割近くもいる、という現状が露わになっているのです。

また、スマホを操作するときの姿勢にも問題が潜んでいるようで、「寝た状態」で操作をする男女は39.5%にも上っているのだとか。こちらも不思議と、男性が32.6%だったのに対して女性は49.2%。女性が約5割近くを占めていることから、どうやら間違ったスマホの使い方をしているのは、男性よりも女性の方が多いのかもしれません。

実際、「あなたがついついやってしまいがちな姿勢は?」と聞いたところ、「猫背になってしまう」と答えた人は37.3%。これを男女別に見てみると、男性は27.8%。全体の数値より低めでしたが、女性は38.7%と、さすがに無視するには気になる割合の多さですよね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント