ボーズ、ストリーミング再生対応オーディオ「SoundTouch Wi-Fi music systems」3モデル

2014.2.26 13:1配信
左から、「Bose SoundTouch 30 Wi-Fi music system」「Bose SoundTouch 20 Wi-Fi music system」「Bose SoundTouch Portable Wi-Fi music system」

ボーズは、無線LAN経由でシンプルにボーズのサウンドを楽しめるオーディオシステム「SoundTouch Wi-Fi music systems」3モデルを、3月14日に発売する。ラインアップは、「Bose SoundTouch 30 Wi-Fi music system」「Bose SoundTouch 20 Wi-Fi music system」「Bose SoundTouch Portable Wi-Fi music system」の3モデル。また、「Wave SoundTouch music system」を2月28日にダイレクト販売限定で発売する。

「SoundTouch Wi-Fi music systems」と「Wave SoundTouch music system」は、Android/iOS/Mac OS X/Windowsに対応した専用アプリ「SoundTouch app」で、PC内の音楽やインターネットラジオ局を、ソースの場所を意識することなく管理できる。

「SoundTouch Wi-Fi music systems」は、IEEE802.11b/g準拠の無線LANに対応し、無線LAN経由でiTunesなどPC内の音楽をワイヤレス再生するオーディオシステム。音楽ファイルの再生だけでなく、PCを立ち上げることなく、インターネットラジオ放送の再生ができる。

六つの専用プリセットボタンにあらかじめ登録したお気に入りのインターネットラジオ局やPC内の音楽ファイルなどを、ワンタッチで呼び出すことができる。AirPlayにも対応し、iPhone/iPad/iPod touchの音楽を楽しめる。

シリーズ最高峰モデル「Bose SoundTouch 30 Wi-Fi music system」は、独自の低音再生技術「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」と、新開発のウーファー(低音用スピーカー)を融合し、深みのある豊かな低音を再生。ドライバ2基を正面上部に最適な角度で配置して中高域を再生し、大型ステレオに引けを取らないクリアサウンドを実現する。

サイズは幅435×高さ247×奥行き181mmで、重さは9.0kg。税別価格は7万4000円。

「Bose SoundTouch 20 Wi-Fi music system」は、置き場所を選ばないコンパクトサイズで、新開発のドライバ2基が、中高域をクリアに、低音をバランスよく再生する。また、新設計のポートデザインによって、パワフルな低音と部屋中を満たす臨場感を味わえる。

サイズは幅315×高さ188×奥行き104mmで、重さは3.2kg。税別価格は4万4000円。

「Bose SoundTouch Portable Wi-Fi music system」は、充電式リチウムイオンバッテリを搭載し、家のあらゆる場所に持ち運んで音楽が楽しめる。薄型ドライバ4基と独自の低音再生技術「デュアル・オポージング・パッシブ・ラジエーター」、独自のデジタル・シグナル・プロセッシングを組み合わせることで、どの音量レベルでもフルレンジで再生できる。

サイズは幅249×高さ148×奥行き64mmで、重さは1.5kg。税別価格は4万4000円。

「Wave SoundTouch music system」は、スロットローディング方式のCDプレーヤー、FM/AMラジオチューナーを搭載し、iPodやテレビなど外部音源を接続可能な外部入力端子を備えた、コンパクトなオーディオシステム。IEEE802.11b/g準拠の無線LANに対応し、無線LAN経由でPC内の音楽をワイヤレス再生。インターネットラジオの再生も可能。

管共鳴の原理を応用した独自の低音再生技術「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」を搭載し、大型スピーカーに匹敵する重低音を実現。さらに、小型高性能スピーカー技術によって、楽器やボーカルの中高域サウンドをリアルに再現する。

サイズは幅368×高さ143×奥行き219mmで、重さは4.5kg。カラーは、プラチナムホワイト、チタニウムシルバー、グラファイトグレーの3色。ボーズ・オンラインストアと直営店でのダイレクト販売限定で、税別価格は7万1000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング