スパイダーマンが地球環境保護の親善大使に

2014.2.28 10:8配信
スパイダーマンが“アースアワー”の親善大使に就任(C)2013 CTMG. All Rights Reserved.

映画『アメイジング・スパイダーマン2』が4月に公開される前に、スパイダーマンがWWF(世界自然保護基金)が毎年行っているイベント“アースアワー”の親善大使に就任し、映画に出演しているアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンのメッセージ映像が公開された。

『アメイジング・スパイダーマン2』メッセージ映像

“アースアワー”は、世界約150か国の人々が同日同時間に一斉に電気を消すアクションを通して“地球温暖化を止めたい”という気持ちを分かち合うイベント。今年は日付変更線に近い国からそれぞれが3月29日の20時30分に実施し、東から地球を一周まわるように順に明かりが消えていく。

また、ガーフィールドとストーンはWWFの新プラットフォーム“アースアワー・ブルー”のプロジェクトを支援することを決めており、このほど公開された動画でガーフィールドは「自分の持つ力に気づき、ヒーローになれる活動」と説明し、ストーンは子犬の保護官に関する活動を行うことを宣言している。

そもそも劇中のスパイダーマンは、驚異的な力をもつヒーローでありながら、自分の暮す街の人々を愛し、人々から愛される“よき隣人”であることを心がけて活動してきた。その姿勢は映画制作そのものにも貫かれているそうで、『…スパイダーマン2』では、映画製作とプロモーション・ツアーを通じてカーボンニュートラルを実現。ソニー・ピクチャーズ史上、最も環境に優しい映画になるべくスタッフ・キャストが一丸となって活動を行っている。

映画『アメイジング・スパイダーマン』は、平凡な青年ピーター・パーカーが、驚異的な力を得たことを機に自作のスーツ&ギアで“スパイダーマン”となり、愛する街の人々を守るべく奔走する姿を描いたアクション大作。最新作でも主演のアンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、サリー・フィールドらが続投し、オスカー俳優ジェイミー・フォックス、名優ポール・ジアマッティ、新鋭デイン・デハーンが強敵を演じ、スパイダーマンと対決する。

『アメイジング・スパイダーマン2』
4月25日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング