広島の3連勝か、浦和の逆襲か。勝負の鍵はサイド

2014.3.13 15:30配信
ミキッチ(サンフレッチェ広島) (c)J.LEAGUE PHOTOS ミキッチ(サンフレッチェ広島) (c)J.LEAGUE PHOTOS

サイドをめぐる攻防が勝敗のキーとなるだろう。3月15日(土)にキックオフを迎えるサンフレッチェ広島vs浦和レッズの話である。

3/15(土)サンフレッチェ広島対浦和レッズ チケット情報

ハイプレスでボール奪取するようになった広島と、自陣に引いてしっかりゴール前を固めるようになった浦和は、今季から守備で新たな引き出しを披露した。時にリスクを冒してDF陣が攻撃参加するのも、両軍の特徴である。第2節・川崎フロンターレ戦でスーパーゴールを決めた佐藤寿人と、得点こそないもののキレキレの動きを見せる9番・原口元気の両エースも好調である。だからこそ、サイドでどちらが押し込むかが勝敗を左右することになる。

広島は川崎F戦で右サイド・ミキッチがその存在感の大きさを見せ付けた。開幕戦は不出場となったが、サイドを疾走し、好機を連発した。右サイドに触発されたように、左サイド・山岸智も攻撃に厚みをもたらした。開幕戦では低調だったのが嘘のような働きぶりだった。さらにケガで出遅れた左の新戦力・柏好文も3月11日・ACLで出場を果たした。

対する浦和のウイングバックも興味深い。開幕戦は右・平川忠亮、左・宇賀神友弥といういつもの顔ぶれだったが、第2節・サガン鳥栖戦では、右にセンターバックの森脇良太が入った。森脇はペトロヴィッチ監督の「攻撃的な相手の10番を抑えたい」という狙いを実行するだけではなく、精度の高いクロスボールも供給した。クロスあり、シュートあり、サイドチェンジありの宇賀神は開幕2戦でいずれもトップフォームを維持している。

広島は開幕2連勝を飾り、浦和は1勝1敗。相手はというと、広島はセレッソ大阪、川崎Fと昨季の3・4位を相手にきっちり勝ち点3を手繰り寄せた。優勝争いを語るのは早すぎるが、V候補に挙げられる浦和にも勝利すれば、V3へ向けて、上々の滑り出しと言える。一方の浦和は開幕戦こそガンバ大阪に1-0と勝利し、守り切るという新たな顔を覗かせたが、ホーム開幕戦では鳥栖にまさかの0-1。鳥栖が放ったシュート3本に対し、浦和は17本ものシュートを浴びせながら、勝ち点を逃した。ただ、ショックはない。指揮官が試合後に語った「敗戦したが、ポジティブな要素が多く見られたゲームだった」という言葉は、決して強がりではない。

開幕2連戦の仕上がりを見れば、広島有利だが、V2王者は3月11日、豪州でACLを戦っている。移動の疲れと敗戦のショックはそう簡単には払拭できない。サンフレッチェ広島vs浦和レッズは3月15日(土)・エディオンスタジアム広島にてキックオフ。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング