松たか子&神田沙也加が語る『アナと雪の女王』

2014.4.1 17:30配信
松たか子と神田沙也加

最新ディズニー・アニメーション『アナと雪の女王』が日本でも大ヒットを記録している。本作はふたりのヒロインが登場する作品だが、そこで描かれるのは従来のディズニープリンセスの物語ではなく、それぞれに悩みを抱えながら相手を想いあう姉妹のドラマだ。日本版キャストの松たか子と神田沙也加は主人公の姉妹をどう演じたのだろうか? ふたりに話を聞いた。

その他の写真

本作の主人公は、触れるものを凍らせてしまう禁断の力をもった女王エルサと、彼女を愛している妹アナ。エルサは自身の力を制御して成長し、女王に即位するが、ついに自身の力を制御しきれずに真夏の王国を冬に変えてしまう。映画は、アナが愛する姉を救うため、雪に閉ざされた王国を救うために旅立つ様を描く。

アニメーションの動きにセリフを合わせるだけでなく、ミュージカルシーンまで登場する本作のキャストは、演技ができ、歌唱力もあり、声だけでキャラクターの感情を表現しなければならない。姉エルサを演じた松は、オリジナル版のエルサをミュージカル『ウィキッド』などで知られるイディナ・メンゼルが演じていることにふれ「彼女の息づかいだったり、話すテンポだったり、歌うリズムで演じて、”自分のエルサ”にしなければならない。それは大変なんだけど、意外に面白くて、どうすればこのスピードになるのか考えて、そういう気持ちにならないとこのスピードにはならないんだって気づいたり……探っていくのは面白い作業でした」と振り返る。

妹のアナを演じた神田も松と同じく舞台で着実に実績を積み上げてきた女優だ。神田は自身が演じたアナを「自分のことや周囲のことをすごく信じている娘。魔法は使えないけど、それが彼女にとっての魔法だと思う」と分析。アナを演じたことで「私も彼女のようになりたいと思ったし、これだけ素晴らしい経歴が自分の中に残ったので、この経験を勇気に変えていかないとダメだと思いました」という。

本作は新世紀のディズニー・クラシックとして歴史に残る作品になったが、ふたりは今後も短編や、ディズニーランドのパレードなどにエルサとアナが登場することがあれば、声を演じ続けることになるだろう。神田は「映画はここで完結ですけど、この作品から派生する作品もあると思うんです。短編だったり、ゲームだったり。アナが喋り出す時に必ず寄り添えるっていうのは楽しみでしょうがないですし、もっと喋りたいです!」と笑顔を見せ、松は「ディズニーのヒロインは何度もやるものではないですし、大変なナンバーはあるんですけど今回は『頑張ってみようかな』という風に気持ちが動いた。結果的には『やって良かったな』としか言いようがないです」と語る。

本作が多くの人に愛され続ける限り、映画だけでなく様々なカタチでエルサとアナは再び私たちの前に姿を現し、松と神田が声を演じ続けることになるのではないだろうか。

『アナと雪の女王』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング